危ういJAL再建、更生法申請でも見えない将来像 


 これは事業計画のたたき台となった資料とみられ、人員削減の推移や航空機材入れ替えスケジュール、国内・国際線の戦略や収入見通しなど、多岐にわたる検討や分析が詳述されている。

中でも目を引くのは、国内線は緩やかな減少を見込むTF計画とほぼ同じなのに対し、赤字の元凶だった国際線の収入見通しが大きく違う点だ。

欧米やアジア路線では提携を活用してネットワーク拡大を図り、右肩上がりの成長を見込む。従来にない国際線の戦略として「低コスト新ビジネスモデル」も検討されている。海外の格安航空会社(LCC)を参考に新ブランドを立ち上げ、観光やリゾート路線を中心に価格重視の顧客層を取り込む算段である。

しかし、国際線のイールド(単価)を見ると、2014年度は各路線で09年度比2割以上も向上しており、戦略と数字に整合性があるとは言いがたい。

図表は一部を抜粋したものだが、中国を含むアジアやグアムなど観光・リゾート路線では特に高い改善を想定している。そもそも低価格路線の拡大とイールド向上は両立しない。ほかのLCCとの競合を加味しているのか疑問だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT