「世界の山ちゃん」社長急死で妻が見せた"手腕"

経営素人から、全国68店舗を率いるトップに

株式会社エスワイフード 『世界の山ちゃん』グループ代表取締役 山本久美さん(撮影:渡邉智裕) 
愛知県を中心に、日本全国で68店舗、海外で3店舗を展開している人気居酒屋「世界の山ちゃん」。現在、そのトップは1度も経営に携わった経験のなかった山本久美さん(53)が務めている。そんな彼女の社員とアルバイト合わせて1700人近い人間をまとめる経営の基礎は全国制覇を成し遂げたバスケットボールの部活で培われていた――。

山ちゃんの急死

4年前の、2016年8月21日の朝6時――。

気象庁の記録によれば、この日、名古屋の気温はすでに25.2度。昨日までの雨も上がり、蒸し暑い1日となることは確実だった。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

自宅2階の寝室で、山本久美さん(当時49歳)が目を覚ました。

夫の山本重雄さんは、スパイシーな手羽のから揚げを看板に、一代で『世界の山ちゃん』全国61店舗網(当時)を築き上げた飲食業界のカリスマ。やり手経営者の常として、4時か5時には起床。誰よりも早く仕事を始めるのが日課だったから、この時間なら、もう出社しているはずだ。前日は、知人が開いた『ゆかたの会』に参加。大勢のゆかた美人に囲まれて、ごきげんなひとときを過ごしたばかりであったという。

久美さんが寝室から1階のリビングへ向かう。目に入ってきたのは、床に横たわる重雄さんの姿だった。

久美さんが言う。

「ふざけて寝たふりをしているんだと思いました。うちの子どもは、起こしたあとによく2度寝しちゃうんです、リビングで。

主人はそれがすごく嫌いで、“1度起きたら寝るな”と言っていたのに主人が寝ている。だから冗談でやっているんだと。それで、“お父さん、いつも2度寝はダメだって言っているじゃない”そう言いながら起こしにいって……」

冗談どころか、大ごとだと気づいた久美さんがあわてて救急車を呼ぶ。

病院に運ばれたが、重雄さんが目を覚ますことは2度となかった。享年59。死因は大動脈解離だった。

「決して悪いようにはせんから――」

久美さんにも従業員にも、そう語りかけるのが常だったというカリスマ経営者の突然の死去。

「“決して悪いようにせんから”が、いちばん悪いことになっちゃったな、って……」

次ページ久美さんの人生はバスケットボールとともにあった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。