老化はなぜ進むのか 遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム 近藤祥司著

老化はなぜ進むのか 遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム 近藤祥司著

人が老化することは避けられないが、老化を遅らせることは可能であろう。

本書は、医学博士である著者が、老化のメカニズムと老化研究の最前線をわかりやすく解説したもの。ノーベル賞受賞で話題のテロメアから、iPS細胞、がん抑制遺伝子、酸化ストレスまで、老化の原因となる仮説の数々が取り上げられている。

人が老化の果てに死に至るとするならば、生活習慣病や致死的疾患にかかりやすくなることを老化の過程ととらえることができる。つまり、病気の予防もアンチエイジングなのだ。老化していくとどのような病気になるのかを理解して、個々の疾患を予防、あるいは早期治療することが大事だとも論じている。

ブルーバックス 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。