京アニ放火から1年、「酷似事件」に探る"先行き"

その事件は京アニ放火と同じ7月に起きた…

ちょうど1年前の7月18日、36人もの命が失われる悲惨な事件がこの場所で起きた(撮影は2019年 写真:ロイター/アフロ)

京都アニメーション放火殺人事件が発生してから、7月18日でちょうど1年になる。

「自分の小説を盗まれたからやった」

そう供述しているという青葉真司容疑者(42)は、あの日の午前10時半過ぎ、京都市伏見区にあった地上3階建ての「京都アニメーション」第1スタジオの1階に、2つのバケツでガソリンを撒き、ライターで火をつけた。

火はたちまち燃え広がり、スタジオ内にいたアニメ制作者70人は逃げ場を失っていく。建物は全焼し、36人が死亡、33人が重軽傷を負った。単独犯による戦後最大の犠牲者の数だった。

法定手続きは異例の展開に

青葉容疑者も全身の約90%をやけどする大ケガを負って入院。一時は生死も危ぶまれたが、事件から10カ月が過ぎた今年5月27日に、まだベッドから起き上がれない状態のまま、京都府警に逮捕された。

弁護人は、自力で歩行もできず、逃走のおそれもない逮捕・勾留を不服として、裁判所に勾留理由の開示を請求。6月9日に裁判官が理由を説明する法廷手続きが行われ、京都地方裁判所にストレッチャーに寝かされた青葉容疑者が出廷するという、異例の展開をみせている。

京都アニメーションによると、同社主催の「京都アニメーション大賞」に同姓同名・同住所の人物から小説の応募はあったものの、1次審査を通過していないことや、制作アニメに同一や類似のものも見られないとしている。

定時制高校を卒業した青葉容疑者は、コンビニ店員など非正規の仕事を転々とし、2012年にはコンビニ強盗事件を起こしている。その服役中に精神障害と診断され、障害者手帳の交付を受けていた。京都に向かう前日には、さいたま市の自宅アパートの隣人と騒音トラブルを起こしている。

そうした事情もあり、事件から1年が経って青葉容疑者は今、精神状態を調べる鑑定留置に入っている。その結果次第で起訴が判断される。

次ページ青葉容疑者を起訴できるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT