中国経済「想定以上の回復」でも継続性に疑問

上海株バブルの懸念と新卒の大量失業が併存

カネ余りからのバブルを防ぐには、ファンダメンタルズの改善の確かさが問われる。3.2%という4-6月期成長率の水準は市場の予想を上回ったが、問題はその中身だ。

実は、財新がまとめたコンセンサス予想に対して、消費には出遅れ感がある。4-6月期成長率ともに発表された経済データを点検すると、6月の工業生産は4.8%増(コンセンサス予想の平均は前値同期比4.7%増)、小売売上高は1.8%減(同0.3%減)、固定資産投資は1-6月累計で3.1%減(同3.3%減)となっている。供給側が予想よりも回復しているのに比べて、需要側の回復は予想を下回っている。

先行して発表された貿易統計では輸出がドル建てで0.5%増(同3.3%減)と、大方の予想を裏切ってプラスになった。全体でみると輸出の上振れに助けられたV字回復であり、消費はむしろ下振れしている。

政府と国有企業による投資が支える

消費では、サービス部門の苦戦が際立つ。飲食店の売り上げが6月も前年同月比15.2%減と大幅なマイナスを続けている。6月18日には電子商取引大手のアリババや京東(JDドットコム)によって恒例の大規模セールが行われており、それを差し引くと消費の基調はかなり弱いと思われる。地方によっては消費を促進するクーポンの配布などでテコ入れしているが、効果の広がりは限定的だ。

輸出に関しては、新型コロナ関連の製品が牽引車となったようだ。6月の輸出では織物、プラスチック、医療機器といった製品の好調が目立つが、その多くが防疫関連だとみられる。

いちばん安定しているのは固定資産投資だ。前月比でみると2月に19.5%減になった後は3月6.2%増、4月6.1%増、5月5.9%増、6月5.9%増と着実に増えている。しかし1-6月に投資の内訳をみると国有企業が2.1%増なのに対して民間企業はマイナス7.3%と大きな差がついており、今後の持続性には課題を残している。

5月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で承認された地方政府特別債3兆7500億元の発行枠のうち2兆2400億元が実行され、すでに1.9兆元がインフラ投資のために支出済みと報告された。基本的に9月末までに残額も実行し、事業を行う。当面は政府による景気下支えが不可欠になりそうだ。

次ページ高学歴20代の2割が失業
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT