「感じのいい人」が知っている"気配り"の本質

細かいマナーよりももっと大事なこと

◆贈り物は時期にとらわれなくてOK
<贈り物をするとき>
最低限おさえておきたいふるまい
季節のあいさつなのか、誕生日プレゼントなのかなど、用途や目的に応じて、相手が喜ぶものを選んで贈る。
ワンランク上のふるまい
しきたり、慣習、行事などにとらわれることなく、そのときの状況や気持ちで贈る。

贈り物には、お祝いやお詫びなど、さまざまな用途や目的がありますね。
最も大切なことは、儀礼的な贈り物ではなく、真にお相手を思う気持ちからなる贈り物であるかどうかです。

目に見えない気持ちや心を、目に見える形や耳から聞こえる音、言葉にすること。時期にとらわれないことで、かえってサプライズとなり、印象に残る贈り物になるでしょう。

品物は、用途や目的によって異なりますが、お中元やお歳暮などでは、「自分がこれを贈りたい」という自分中心の思いではなく、相手に「これをお贈りしたら、日常でお役に立てる」かどうか、「喜んでいただける」かどうか、を考えた品物を贈ります。

手書きのメッセージカードやお手紙を書き、贈り物に同封すると、一層気持ちが伝わりますよ。

贈る時期についても、それぞれに目安がありますが、それを過ぎたら贈ってはいけないということではありません。

世の中に完璧な人はおりません。それぞれに事情があり、遅れるときもあるでしょう。

例えば、「お歳暮」の時期を逃したら、「お年賀」として。お年賀の時期を逃したら「寒中お見舞い」、それ以降は「余寒お見舞い」や立春の日の「立春大吉」などの機会があります。

相手を思って、形以上のおもてなしを

以上、日常的な3シーンを挙げてみましたが、いかがでしょう。

『さりげないのに品がある気くばり美人のきほん』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

マナーのカタチにとらわれすぎず、相手を思って柔軟に行動することで、マナーの型や形以上のおもてなしができることもあるのです。

マナーの基本を踏まえたうえで、少し型を崩す。

例えば私は、和服の帯留の代わりに、バレンタインデーにはハート、クリスマスにはサンタやトナカイのブローチをつけたりします。帯留ではなくキラキラブローチをつけていると「こんな使い方もあるのですね!」「すてき」などのお声をいただき、見知らぬ人からも話しかけられます。

幸せの女神は、既存を超えた相手様を喜ばせる柔軟な発想、思いやりのアイデアに微笑んでくれるのです。

ぜひみなさんも、お互いをハッピーにする“ワンランク上のさりげない気くばり”を実践し、互いにほほ笑み合える毎日をお過ごしください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT