40歳男性が自由が丘で営業「ヒオアイス」の正体

ピスタチオはクラウドファンディングで実現

HiO ICE CREAMのアトリエ兼ショップ。週末は日に200~300人が訪れる。現在はコロナの影響で、土日祝日に限り営業(筆者撮影)

今、日本のものづくりで静かな底流となっているのが、「クラフト」への志向だ。ブームと言うほど大きな規模でもなく、かつ、ブームを起こすことは、作り手たちの意に反してしまうだろう。

現代の飲食業界を担う若い世代は、利益を追求して大量生産、大量廃棄を生み出す直線的なものづくりではなく、例えば大切に使ったものが土に返り、また実りをもたらすような、より循環性のあるものづくりに価値を感じているのだ。

「次世代へつながるものづくり」を

クラフトアイスクリームを手がけるHiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)は立ち上げ1年と少しの新しいブランドだ。スイーツの街としても知られる東京都世田谷区、自由が丘に工房(アトリエ)兼ショップを構えるほか、今流行のサブスクリプションサービス等、ECも行っている。

95mlのミニカップ各350円。フレーバーは、美瑛シングルオリジンミルク、レモンシャーベット、深蒸し金谷茶、フローラルチョコレートの4種(筆者撮影)

こだわりは小ロット生産。丁寧なものづくりができるだけでなく、アイデアや顧客のニーズに臨機応変に対応できる。また、生産者から直接仕入れた新鮮で地域性に富む食材を、余らせず大切に使えることなども、この方針を選んだ理由だ。

運営企業であるHiOLIの創業者、西尾修平氏は40歳。同じく小ロットでのスイーツ作りを行う、BAKEの経営に携わっていた時期もある。

「自分の子どもの顔を見ていて自然と、次世代へつながるものづくりがしたいと思いました。今、よく知られるようになっているSDGsを意識して方針を決めたわけではないのですが、自分の考えていたことと同じ方向に、世の中が向かっている感覚はあります」(HiOLI 代表取締役社長・CEOの西尾氏)

次ページ同社のものづくり方針を体現するミルクアイスクリーム
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。