宮古島の「雪塩」、訪日客戻らない前提の生き方

沖縄の観光ブランドがコロナ後にかける活路

その1例が、同社の手がける「宮古島メロン」。冬でも温暖な気候を生かして栽培する国内最南端の「冬場のメロン」として独壇場の市場をつくり出した。

ミネラルとカルシウムが豊富な琉球石灰岩の土壌で育ち、甘みと香りが強いのが特徴。最盛期の12月〜2月は、新型コロナによる観光客激減の時期と重なったが、影響はほとんどなかった。地元客と県外からのネット注文で1玉2000円、合計3500万円分を売り切った。「店頭に並べば5分でなくなるほどの人気。1億円分作ればその分売り切る自信がある」と西里社長はいう。

「島の駅みやこ」の店頭に並ぶ宮古島メロン(写真:パラダイスプラン提供)

卸売市場を通して取引されていた頃は、売値は現在の半値ほど。「自分たちでブランドを立てれば、もっと値がつく」と奮起したのは3年ほど前。現在18軒の生産者を束ねて「メロン部会」を組織し、栽培や販売方法の勉強会を重ねている。宮古島市内で運営する特産品販売所「島の駅みやこ」と専用サイトを通して消費者に届ける「直売機能」を構築。ブランド認知を広げ、生産者の収入は倍増した。

渡航自粛の中で底力を見せつけた

一度、島を訪れた観光客が、自宅から特産品を購入する形で島に“戻ってくる“という循環は、渡航自粛のコロナ禍で島の経済を潤し続ける底力を見せつけた。

生産者でつくる「メロン部会」のメンバーと西里長治社長(前列左)=同社提供

「宮古島を世界中に広めたい」「島の未来に関わる仕事がしたい」──。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

西里社長のビジネスの原点はここにある。形態は異なるが、「塩屋(まーすやー)」や「島の駅みやこ」でわかるように、自社商品を超えて、生産者や地域全体の成長を支える「仕組みづくり」が、パラダイスプランの成長戦略。コロナを経験した西里社長の経営の判断軸に、事業存続につながるヒントがあるのかもしれない。

第2回に続く(近日公開予定)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT