ドル円相場の先行きは円高なのか円安なのか

ストックの円買いとフローの円売りの綱引き

年初のコラム『なぜドル円相場はあまり動かなくなったのか』でも述べたように、近年、「リスクオフの円買い」を衰退させてきた一因としては、日本企業による対外直接投資(≒クロスボーダーM&A)の隆盛が考えられる。日本の有する「世界最大の対外純資産残高」に占める直接投資残高のシェアが拡大したことで「円の売り切り」のウエイトが高まり、「リスクオフの円買い」を抑制したと筆者は推測している。

リスク回避ムードが強まった場合、外国債券を売って円貨に戻す動きは出るが、買収(直接投資)した海外企業を売って円貨に戻すことは想像しにくいからだ。

ここでコロナショックの影響を真摯に考える必要が出てくる。コロナショックは企業部門にとって歴史的な大打撃である。今後、財務基盤建て直しの意味などを込めて過去に進めてきたクロスボーダーM&Aが巻き戻される動きが出てくるかもしれない。実際、そのようなケースは一部で報じられ始めている。

大きく報道される「大企業による大企業への直接投資」に目が向かいがちだが、規模は小さくとも巻き戻しの動きが水面下で進んでいても不思議ではない。これが積み重なれば当然、円買い圧力は増していく。今後、感染第2波の到来と共に資産価格が急落するような局面に直面した場合、過去10年で蓄積してきた対外直接投資がさらに取り崩されるおそれはある。

日本企業の対外直接投資への意欲は縮小する国内市場という構造要因に突き動かされたものであるため、過去10年のトレンドが簡単に潰えるとは筆者は思ってはいないが、一時的な動き(≒円買い)を引き起こす要素として見ておく必要はある。

短期的に円売り、中長期的に円買い

以上を総合すれば、短期的にはフローの面、すなわち貿易赤字を含む国際収支全体の方向感が円売りに傾斜していることから、円安ドル高に振れる時間帯も増えてくるように思える。年初来、リスク回避ムードが高まっても円高が抑制されたのは、対米金利差がそもそも消滅しているという点のほか、需給面では円売り優勢だったという点も効いているだろう。

しかし、中長期的にはストックの面から、そこまで円に弱気にはなれない。日本の対外債権国としての磐石さは健在であり、当面は続くとみられるリスク回避ムードではやはり堅調さを発揮するのではないか。また、過去10年で対外純資産の中に埋め込まれた直接投資がコロナショックを受けてある程度、日本国内に回帰してくる可能性も視野に入る。

当面のイメージは日米金利差が固定される中、株価の急落を断続的に経験しながらドル円相場は対外債権国としての評価を背景に少しずつ円高ドル安に傾いていくというものだ。年内で105円割れを主戦場とする時間帯はまだ十分想定できると考えている。

※本記事は個人的見解であり、筆者の所属組織とは無関係です

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT