中国テレビ市場、安価な液晶テレビが売れ続け泥沼の価格競争に



 中国的モノづくりとでもというのだろうか、既存の部品を組み立てて付加価値をつけずに、コストパフォーマンスのみで勝負することから、テレビ市場では、各社入り乱れての泥沼の値下げ合戦が繰り広げられた。これは携帯電話や携帯音楽プレーヤー。パソコンと同様の運命をたどっている状態だ。09年は一時期、液晶パネルの値上がりがあったが、それでもテレビ本体価格が上がることはなかった。

こうした乱売合戦の中国テレビ市場で日系メーカーはどうなのだろうか。

上海など所得の高い地域ではソニーやシャープの液晶テレビが人気となっているが、他の平均的な所得の都市においては、価格で優勢な中国メーカーと競争しているようには感じられない。

現地在住者である筆者の目から見れば、中国メーカーの液晶テレビは「とりあえず液晶テレビ」、日本メーカーの液晶テレビは「映像がきれいな高価でハイエンドな液晶テレビ」である。その認知度は1年を通して上がっているものの、知る人ぞ知るブランドといったポジションにとどまる。これは日本メーカーに限らず、韓国メーカーのサムスンやLGにも同じことがいえる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT