中国テレビ市場、安価な液晶テレビが売れ続け泥沼の価格競争に



 もっとも最近になって、中国メーカー各社は「とりあえず液晶テレビ」の価格競争のみの状況を打破すべく、違いの差がほとんどないシンプルな液晶テレビから、付加価値をつけた(中国国内においては)次世代の液晶テレビをラインアップにいれ、それらをプッシュするようになってきている。ベクトルのひとつに「インターネット液晶テレビ」、もうひとつに「LEDテレビ(LEDをバックライトに使った液晶テレビ)」がある。

ネットテレビは、メーカーが動画共有サイトと提携するか、自前で動画サイトを作ることで、オンデマンドでコンテンツが見られるテレビだ。

しかし、ネットテレビの課題として、当局によるトコンテンツの検閲に加え、そもそも茶の間でテレビを見る中高年世代はネットに触れない世代であるということがある。

つまりターゲットとなる居間でテレビを見慣れた中高年の消費者は、ネットテレビを扱えないし、そもそも興味がない。ネット世代の若者はテレビのリモコンではなく、マウスとキーボードを使い、パソコンで見たいコンテンツを見るのでネットテレビは不要だ。

もう1つのLEDテレビは、薄くなったとはいえ、中国メーカーのそれは韓国メーカーや日本メーカーのそれと比べると厚い。ブラウン管テレビから液晶テレビは誰が見てもわかる違いゆえに売れた。それは中国においては所得が増えたことにより、デスクトップパソコンの所有者がノートパソコンを購入したり、コンパクトデジカメの所有者がデジタル一眼レフカメラを購入したりすることに似ている。

若干のマニアな消費者を除いた一般的な消費者は、ノートパソコンの“ささいな”薄さの違いや、デジタル一眼レフの“ささいな”スペックは気にせず、ノートパソコンやデジタル一眼レフを買い、所有することで物欲を満たしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT