プロ野球開幕、名伯楽ノムさんが遺した大予測

「結果を出すトップ」はここが違う

2019年の日本シリーズ第4戦に勝利し、日本一を決めた後の勝利監督インタビューで、監督の工藤公康は「あらためて野村さんのすごさを実感しました」と言った後、こう続けたそうだ。

「自分の考えや思いを、しっかり選手に伝えるのはこんなにも大変なことなのかと。一度伝えたからって、そう簡単に選手たちに理解してもらえるものではない。何度も何度も繰り返して、選手たちが実感してくれた時に、ようやく伝えたいことが伝わるんです。それをきちんと選手たちに伝えた野村さんは『やっぱりすごい方だな』と思いますね」

ここまで持ち上げられると照れ臭いやら恥ずかしいやら。しかし、私と工藤とではちょっと立場が違う。工藤は出来上がったチームをそのまま受け継いでいるが、私はいつも「弱小チーム」、ゼロからのスタートだった。そこが決定的に違っていることだけは申し上げておきたい。

とはいえ、工藤が言っている「伝えることの難しさ」はまったくその通りで、私が監督を続けている間も「どうやったら選手に伝わるか」という点に最も力を注いでいた。

伝え方を工夫することこそトップの仕事

過去、プロ野球の監督が「私はミーティングはあまりしません」と話しているのをメディアなどを通じて幾度か見かけたことがある。私はそういった話を見聞きするたび、「それでよくペナントレースを戦えるな」と首を傾げた。

「ミーティングをしない」。そういったやり方は、そのときのチームカラーに合えば短期的には成功を収めることがあるかもしれない。でも、しっかりとしたビジョンを持ってチーム作りをしていくためには、選手たちに監督の考え方を理解させることは絶対的に欠かせない要素と言えよう。2019年にホークスが成し遂げた「日本シリーズ3連覇」という偉業を見ても、それは明らかである。

『上達の技法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

長いシーズンを戦っていく上で監督のなすべきことは、「1に確認、2に確認、3、4がなくて、5に確認」である。

選手に伝え、確認する。そして伝わっていなければ「どうやれば伝わるか?」を再び考える。選手たちは一人ひとり、個性も異なれば、考え方も異なる。ある選手には「A」という説明で通じたとしても、それが他の選手に同じように通じるとは限らない。

だからそんな時は「B」、あるいは「C」といろいろな伝え方を考えながら、選手それぞれと接していく必要がある。そういった作業を抜きにしてチームを運営するということは、私には監督としての責任を放棄しているようにしか思えない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT