小説家が明かす「一文が長すぎる文章」の問題点 「文書がクドい人」が知らないただ1つのコツ

拡大
縮小

句点で切らずにズラズラっと続ける一文中においては、先に述べたとおり、言葉は密接につながり合います。長くなると、読むのに負担はかかります。

しかし、きちんと読み込むことができた場合は、どこの言葉とどこの言葉が係っているのか、誤解しないような作りにはなるのです。

対し、文章を切ると、代名詞(彼や彼女、これ、それ、あれなどなど)で切れ目をつなぐことになったりします。問題はここにあって、代名詞がなにを指しているか、もしかしたら読み手は誤解するかもしれないのです。それは、事実を正確に伝えることを至上命題とする技術系の文書において、致命的です。

なので、なるべく一文を切らずに続けてしまう。それが理系の本能であり、培ってきた倫理だからです。今しがた記された文章で例をあげましょう。

<例:誤解を与えやすい文章の例>
“代名詞がなにを指しているか、もしかしたら読み手は誤解するかもしれないのです。それは、事実を正確に伝えることを至上命題とする技術系の文書において、致命的です。”

この文章の「それ」は、直前の文章の「読み手が誤解するかもしれない」ことを指しますが、違う読み方をされてしまう可能性もゼロではありませんよね。

そんな感じの問題、国語のテストでやりませんでしたか? 文章中の「それ」とはなにを指しているか、答えなさい……みたいな。テストで問題になるということは、間違う人間がいるということです。

一方で、

<例:理系が書きがちな誤解を防ぐ文章の例>
“代名詞がなにを指しているか、もしかしたら読み手は誤解するかもしれないことは、事実を正確に伝えることを至上命題とする技術系の文書において、致命的です。”

なんて風に書くと、誤解の可能性は防げます。基本的に、理系の文章においてはこうやって一文が長くなっていきます。

しかしどうでしょう、やはり、誤読しにくくなった分、代わりにグッと読みにくくなったと思いませんか? 理解しやすさが目減りしました。

「クドい文章」を書いてはいませんか?

もっと違った表現をするなら、なんかクドくないですか? この「なんかクドイ」という言葉、かつて私は何度も何度も言われてきました。そのたび、「正確に書いているのに、なんで文句言われなくちゃいけないんだ」と内心憤慨していました。

しかしこれは、的外れな怒りです。代名詞を排除し、一文を長くして誤読を防ぐのは、誤解しにくい文章のためのテクニック。理解しやすい文章が求められているシーンで使うべきではないのです。自分が書きたい文章と、求められている文章が食い違っていないか、都度都度、確認していかなければいけません。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT