父親の葬儀で知った「人は何のために働くのか」

20年前の辞表がつないだファミマ社長就任

「僕の力不足もありました。でも、流通業界でトップになる、面白い会社をつくるという夢は、伊藤忠ではできないと思ったんです」

10年待てばできる、という慰留にも、澤田はなびかなかった。1997年4月、澤田は退職。伊藤忠がファミリーマートの筆頭株主となり、小売業に本格参入するのは、翌1998年2月のことだった。

決定権のない社長はダサい

伊藤忠を退職後、登録した人材会社から紹介されたのが、山口県宇部市に本社のある小さな会社だった。売上高は約400億円、営業利益は20億円ほど。後に日本の流通業を席巻することになるファーストリテイリングである。初めて会った柳井正という経営者に、澤田は圧倒された。

「日本の流通市場は巨大なのに、科学的経営ができていない……。セブン-イレブンのプロジェクトで勉強してきたことを語ると、伊藤忠のお偉方は全然関心を示してくれなかったのに、柳井さんは『澤田さん、そのとおりだ!』と全部、相づちを打ってくれて」

店頭に立つことを希望するも2カ月で経営企画室長に。さらに2カ月後には商品本部長を兼任。その2カ月後には役員を命ぜられた。入社6カ月で給料は倍に。さらに1年後に副社長。入社1年半でナンバー2になってしまう。

「ありえない。でも、こういうことをやってしまうところが、柳井さんの強さなんです」

副社長になった年、澤田が仕掛けたのがフリースキャンペーンだった。ユニクロ原宿店には長蛇の列ができ、空前のフリースブームが起こる。澤田が在職した5年で、売上高は10倍の4000億円になった。柳井からは「社長をやれ」と言われた。しかし、澤田は受けなかった。

「オーナーである柳井さんが会長として君臨する会社で、社長をやる意味がわからなかった。決定権のない社長というのは、ダサいじゃないですか(笑)。それは僕のやりたいことではなかった」

ファーストリテイリングを去った澤田には、多くの会社から声がかかった。その数、40社以上。巨額の報酬のオファーもあった。しかし、澤田は受けなかった。

次ページ「雇われて社長をやる」という選択肢はなかった
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。