ファミマとローソンの株価に大差がつく理由

両社の株価は4カ月で約1.5倍の差になった

東京・立川でオープンしたファミリーマートとドン・キホーテとの共同実験店舗。店内はドンキ色が色濃かった。10代の客は「商品が増えており、見るのが楽しい」と語った(記者撮影)

6月1日、東京都内でファミリーマートとドン・キホーテによる共同実験店舗がオープンした。正面の看板には、「FamilyMart」の文字の隣に「PRODUCED BY ドン・キホーテ」と記されている。取扱商品数は約5000で、改装前に比べて1.5倍に増加。商品の半数超がドンキの取扱商品で、菓子や酒類の充実が目立つ。大型POP(店内掲示)や吊り下げ陳列など、ドンキ流の売り場作りを取り入れた。

小刻みに株を買い増した伊藤忠

2017年8月末にユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテホールディングスは業務提携し、同年11月にはドンキHDが総合スーパー(GMS)を展開するユニーの発行済み株式の40%を取得。今年の2月からユニーとドンキのWネーム店舗の運営を始めた。こうした流れの中、コンビニのファミリーマートでもドンキと共同しての取り組みができないかということで、今回の実験店舗が誕生した。

ユニー・ファミリーマートHDがドンキHDと提携したことに対する期待感は株価にも表れている。2017年夏ごろまで1株5000~6000円台で推移していたが、2017年末にかけて8000円近くまで上がった。

そして、年明け以降も株価は上昇し続けた。特に、今年の春以降は再び株価が急騰。背景にあったのは、ユニー・ファミリーマートHDの筆頭株主である伊藤忠商事の動きだ。

ユニー・ファミリーマートHDの大量保有報告書によると、伊藤忠商事は2月に入ってからユニー・ファミリーマートHD株を小刻みに買い増していた。ある国内証券アナリストは「伊藤忠が買い増したことで、いずれTOB(株式公開買い付け)を実施してユニー・ファミリーマートHDを子会社化するかもしれないという思惑が働き、2月下旬~4月にかけて株価が上昇したのでは」と分析する。

次ページファミマ株が評価された真因とは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?