伊藤忠が「ファミマ子会社化」を決断した理由

追加投資額1200億円は決して安くない

今回の伊藤忠商事によるTOBで、ユニー・ファミリーマートHDへの出資比率を約41.5%から50.1%に引き上げる(記者撮影)

伊藤忠商事は4月19日、持分法適用会社のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)を子会社化すると発表した。8月ごろに株式公開買い付け(TOB)を実施し、出資比率を約41.5%から50.1%へと引き上げる。追加投資額は1200億円になる見通し。子会社化後もユニー・ファミリーマートHDの上場は維持する。

同日、会見に臨んだ伊藤忠の鈴木善久社長は、「子会社化は伊藤忠のコミットメントの表われ。親と子か、そうでないかは外部からの見え方も違う」と語った。

かつては否定していた子会社化

2017年2月には三菱商事がローソンへの出資比率を33.4%からTOBにより50.1%に引き上げた。原材料の調達や物流、参入を目指している銀行業の準備において、三菱商事はローソンを積極的にサポートしている。

伊藤忠商事の鈴木善久社長は「子会社化は伊藤忠のコミットメントの表れ」と強調した(記者撮影)

こうした事例を踏まえれば、今回の伊藤忠によるユニー・ファミリーマートHDの子会社化も自然な流れなのかもしれない。ただ、三菱商事がローソンへのTOBを実施すると発表した2016年当時、伊藤忠はユニー・ファミリーマートの子会社に否定的だった。

1年半ほど前の東洋経済の取材に、当時の伊藤忠の岡藤正広社長(現会長兼CEO)は「(親会社が)グリップをあまり強く締めると(子会社の)息が止まる。息が止まったらコンビニのような、変化に合わせていく業種は非常に難しい」と語っていた。

他方、当時のユニー・ファミリーマートHDの上田準二社長も「小売りの経営を直接コントロールするなんて商社にはできない。伊藤忠が51%の株を持つことになると、数百億の追加投資になる。投資リターンとして効率のいいものではない」と述べるなど、両社の間に”子会社化”という空気感はなかった。

次ページ子会社決断の3つの理由とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。