父親の葬儀で知った「人は何のために働くのか」

20年前の辞表がつないだファミマ社長就任

どうしても小売業をやりたかった澤田貴司氏(撮影:梅谷秀司)
成長の鈍化、店舗数の飽和、24時間営業問題、人手不足……。逆風が吹き荒れるコンビニ業界だが、その厳しさを最初から承知して3兆円もの巨大ビジネスの変革を引き受けた男がいる。ファミリーマート社長の澤田貴司だ。澤田は2016年9月に社長に就任しているが、この直後のインタビューで、すでに問題を指摘していた。それなのに、なぜあえて社長を引き受けたのか。そこには、実は20年以上前から持っていた、澤田の小売業への熱い思いがあった。その「思い」を、このたび『職業、挑戦者:澤田貴司が初めて語る「ファミマ改革」』を上梓した上阪徹氏が明らかにしていく。

もう二度と逃げない

澤田貴司は1957年、石川県に生まれている。山あいの標高900メートルにある吉野谷村(現・白山市)だ。積雪が3メートルにもなる豪雪地帯。小学校の同級生は11人しかいなかった。小学校、中学校と生徒会長を務め、一方で野球部に席を置いた。

『職業、挑戦者:澤田貴司が初めて語る「ファミマ改革」 』(書影をクリ ックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

高校は山あいの家からは通えず、下宿生活で金沢市内の高校に通った。野球部に入部したが、甲子園への出場経験もあった学校。厳しい基礎練習の日々に澤田は絶えられず辞めてしまう。勉強ができなくなる、が口実だった。

「でも、本当は自分のレベルでは通用しないと思ったんです」

初めて、目の前にあるつらいことから逃げた。その気持ちを引きずり、成績も上がらない。野球部を辞めた挫折は、大きな心の傷になった。もう二度と逃げない。澤田はこれを後にも貫くことになる。

1年浪人して上智大学理工学部に入学。ここで出合ったのが、アメリカンフットボールだった。役割分担があり、攻守によって選手が激しく入れ替わる頭脳プレーのスポーツ。しかし、澤田が所属していた時代は、メンバーが少なく、キックオフから終了まで、ずっと出っぱなしということも珍しくなかった。戦略は立てるものの、実践どころではない。

次ページ培われた「気合いと根性」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT