キャリアアップという前に結果を出せ《私のアラサー論》

成毛眞・インスパイア創業者

成毛眞・インスパイア創業者--キャリアアップという前に結果を出せ《私のアラサー論》

今の団塊ジュニア(1971~74年生まれ)とそのすぐ下の世代(75~79年生まれ)は、ビジネス本や自己啓発本をよく読んでいる。ところがさらに下の年代になると、実践から学ぼうとするらしく、安易なガイド本には手を出さない。

今の30代は自分の能力を伸ばしたいとか、自分には違う道があるのではと考えて自己啓発書を読むのだろう。

しかし、自己啓発本を読んでも何の役にも立たないのではないか。本を読むのなら、もっとましな本を読めと言いたい。

人材というのは当たり年がある。ITで言えば55年で、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズ、サン・マイクロシステムズを創業したアンディ・ベクトルシャイム、ビノッド・コースラもそうだ。

ITでは55年生まれじゃないと生き残れないという笑い話があるくらいで、この年代に有能な人材が集中している。

特別の才能を持った人たちはなぜか年代的に固まる傾向がある。これは理屈では説明できないが、芸能でもスポーツでも当てはまる。私の見るところ、ビジネスでもほかの分野でも、30代の連中にはあまり人材がいない。

ITビジネスで成功した人たちの特徴は何か。それはノウハウであるとか他人がどうするかといったことに興味がなく、人と同じことはしないことだ。人の意見なんか聞かず、自分が絶対やり抜くと決めたらやり抜いてしまう。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。