荷物激増の配達員たちが何とかパンクしない訳

宅配ドライバーの告白、コロナ禍の意外な恩恵

緊急事態宣言が解かれて世間は徐々にではあるが、「通常」を取り戻そうとしている。そしてその「通常」とは宅配業界では、不在や再配達などの非効率な日常をあらわしている。

「また不在や再配達が増えてくる……」

という言葉をポロッと漏らしたドライバーもいた。

だが、以前のような日常には戻らないというドライバーもいる。第2波、第3波がいずれ来るとささやかれているからだ。

この新型コロナ禍により、直接顔が見えない配達が続いた。相手の温度や空気を読み取るような、第六感を刺激するものが省かれたのだ。世間で浸透しつつある、オンラインによる会話や会議をするように、対面ではなくネットで指定や指示をするリモート的な配達が定着するかもしれない。

東日本大震災では、支援する側とされる側だったものが明確であったが、今回は違った。みんなが支援を求める構図になっていた。

「頑張ろう」という活気はなく…

多くのドライバーが感じたことがある。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

東日本大震災のときのような「頑張ろう!」という活気はなく、感染を恐れているせいか息を潜める雰囲気が漂っている、と。

「私自身がマスクして走って酸欠気味なこともあり、脳に酸素がいっていない分、そういう考えになっているかもしれませんがね」と言って苦笑いで答えてくれたドライバーもいた。

宅配ドライバーは、この新型コロナ禍の配達をきっかけに、コミュニケーションという『間』が省かれ、ただの配達マシーンになってしまい、街の見守り隊のような存在ではなくなってしまうかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT