大成建設、好業績でも「社長引責辞任」のなぜ

トップ交代の裏で忍び寄る事業環境の悪化

「けじめをつける」として辞任を発表した大成建設の村田誉之社長(左)と相川善郎・新社長(写真:大成建設)

「今回の決算発表で当期(2021年3月期)の業績目標を出した。現中期経営計画の最終年度だが、経営数値目標を大幅に下回っている。執行部門の長として、けじめをつけて辞任する」

5月13日に開いた記者会見の冒頭、大成建設の村田誉之社長はそう説明した。

大成建設の2020年3月期業績は、売上高が1兆7513億円(前期比6.1%増)、営業利益1677億円(同9.4%増)。2019年に竣工した新国立競技場やホテルオークラの新本館を筆頭に、大型の完成工事が牽引。2018年3月期に次ぐ、過去2番目の営業利益をたたき出した。

トップの引責辞任で業界に驚き

当初懸念されていた新型コロナウイルスの影響も限定的だった。他社が感染拡大防止のため工事現場の閉所を進める中、大成建設で閉所に至ったのはわずか12現場のみ。「発注者の都合で閉所したので、費用の交渉に応じてもらえるだろう」(大成建設の中野雄一・管理本部経理部長)という。

業界に驚きが広がったのは、過去2番目の好業績にもかかわらず、トップが引責辞任したことだ。

村田氏は社長を辞任し、代表権を持つ副会長となる。後任は建築部門担当の専務執行役員の相川善郎氏が就任する。村田氏は新社長をサポートしたり、安全対策や働き方改革に注力するという。

次ページ村田社長が辞任するわけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT