フェイスブックへの期待と不安

モバイルアプリ戦略、昨今の動きと今後

広告や親バレ(親にアカウントを見られたり、監視されたりすること)だけでなく、友人同士のつながりに親が登場することのばつの悪さは、一気にクールなものから面倒なものへと変化させてしまう。フェイスブックとインスタグラム、フェイスブックとワッツアップは、広告やサービス間連携などで、もっといろいろできるはずだ。

しかしそれをやらないことが、買収したフェイスブックへの期待でもある。

また別の側面でも、フェイスブックに注文がつく。同時に、米国連邦取引委員会(FTC)はフェイスブックによるワッツアップの買収に際して、プライバシーを守る義務を怠らないように、との文書を出している(参考)。巨大なサービスに対する難しい期待と義務、そしてビジネス拡大というそれぞれの命題を前に、どのような答えを出していくのだろうか。

4月30日の開発者イベントに注目

フェイスブックは開発者向けカンファレンス「F8」を、サンフランシスコで米国時間4月30日に開催する。フェイスブックのプラットホームの進化だけでなく、デザインやユーザー体験のイノベーション、そしてアプリケーションや連携するサービスの開発者に対して、どんなメッセージを打ち出すのか。

SNSとして圧倒的優位に立っているフェイスブックが、今後、どのような成長戦略を見せるのか、筆者も会場から取材する予定だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT