もはや”一大文化”。インスタグラムが熱い

フェイスブック傘下の写真共有サービス

 本連載は、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンに関するトピックをひとつないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。 今回は、前回に引き続き写真の話だ。Instagramはスマートフォンで急速に発展した写真加工・共有アプリで、フェイスブックに買収されたことでも知られる。米国を中心に、ビジネスや報道の分野でも活用されるこのサービスを考えていこう。
新サービスを発表する、インスタグラム共同創業者のケビン・シストロム氏

「インスタグラム」が動詞に

インスタグラムは、モバイルアプリの中でも非常に成功したアプリのひとつだ。米国のテレビでは、ツイッターと並んで、セレブが投稿したインスタグラムの写真やビデオが番組内で引用されることは日常茶飯事となった。月間アクティブユーザーは1億5000万人を数え、フェイスブックによる買収後も、独立した発展を遂げている。ちなみに筆者は毎日インスタグラムに写真を投稿しており、非常に好きなアプリサービスとなっている。

アクティブユーザー数やフェイスブックによる買収といった数字やファイナンス面での成功も目を引くが、「Instagram」が動詞になったことは、数字面での成功に代えがたい出来事だ。すなわち、写真を撮影・シェアすることが、モバイルの文化の中に受容され、スタンダードになったのである。

2010年から急速に発展、スモールビジネスの味方に

インスタグラムは2010年にケビン・シストロム氏とマイク・クリーガー氏によって設立された企業だ。写真を撮ってフィルターをかけ、写真という長年親しまれてきた文化をノスタルジックにデジタル化するという優れた感覚と、スマートフォンで写真を撮って共有するというシンプルな行動を定義したことで、3年間で1億5000万人ものユーザーを獲得するサービスに成長した。

これまでに共有された写真は160億枚、現在、1日に投稿される写真は5500万枚で、これに12億もの「いいね」がつけられる。アプリには買収したフェイスブックだけでなく、ツイッター、フォースクエア(位置情報共有)、フリッカー(写真コミュニティ)、タンブラー(ブログ)といった既存のソーシャルサービスに写真を投稿することができ、ユーザーの利便性も高い。

写真という情報量が多いコンテンツを、フィルターを活用して簡単により見栄えよく表現し、インスタグラム内外に簡単に投稿することができる仕組みは、ユーザーに広く受け入れられた。同時に、さまざまな企業にもより広く使われている。

次ページファッションブランドと相性抜群
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。