「株価は暴落するはず」と考える人に欠けた視点

株価は本当に「上昇しすぎている」のだろうか

それはおそらく、「新型コロナウイルスが流行さえしなければ、世界の株価は上がり続けていたに決まっているのに、ウイルスの流行で世界は大恐慌に陥り、株価は下がりまくるに決まっている」「これから経済指標や企業収益は深刻な数値になる。だからさまざまな数値の発表を受けて、株価は3月の安値を大きく割り込んでいくに違いない」という思い込みが強過ぎるためではないだろうか。頭の中にイメージされている「株価暴落シナリオ」と比較すると、保ち合いに上昇色が少しだけ乗ったに過ぎない実際の株式市況が、まるで暴騰しているように歪んで見えるのだろう。

日米等の株価が3月で最安値を形成し、それを再度割り込むことなく今でも推移している背景については、しつこいほどこのコラムで述べ続けてきたので、もう繰り返さない。新しい読者の方は、過去の筆者のコラムを検索して、お読みくださればと思う。ただ、「なぜこんなに株価が上昇しているのだ、おかしい!」という声に対して筆者は、「暴落シナリオ通りにコトが進んでいなくても、それが現実なのだからしょうがない」としか答えようがない。

なお、少し本筋から外れるが、前述のようにNYダウは保ち合いに近くとも「ナスダック総合指数の上昇は行き過ぎ」との声はあるかもしれない。確かに、ハイテク株への物色は、景気不振から他に買える銘柄が少なく、「消去法的にハイテク株が買われているだけで、いずれその揺り戻しが来る」、との見解にはうなずけるところもある。

ただ、そうしてナスダック指数の短期反落が生じても、コロナウイルスの流行を契機としたリモートワークやネット娯楽(ネットゲームや動画配信など)の普及加速、5Gの広がりなど、長期的にハイテクセクターを支える実態面の要因はある。期間を長く展望すれば、ナスダック指数の上昇も、行き過ぎとは断言できないだろう。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。