「株価は暴落するはず」と考える人に欠けた視点

株価は本当に「上昇しすぎている」のだろうか

「アメリカや日本の株価は上がりすぎ。だから絶対に下落するはず」という考え方は一理ありそうだ。だが本当に正しいのだろうか(写真はバラッカー・アイルランド首相と談笑するトランプ大統領:ロイター/アフロ)

最近は、自主開催や他社からの依頼で、WEBセミナーの講師を時折務めている。特に自主開催の場合は、以前からセミナーに参加してくださっている方や、週刊のメールマガジンをご購読賜っている方が多い。そうした方は、筆者がこれまでにどのような市場見通しを唱えてきたか、よくご存じだ。

一方でWEBは、「今までの対面セミナーは遠方で参加が難しかったが、WEBなら参加しやすい」「対面よりもWEBの方が敷居が低いように感じる」といった理由から、初めてご参加下さる方の比率が高い。そうした方からよくいただくご質問で一番多い(出演しているラジオ日経のHP上での質問でも同様)のは、「なぜ日米の株価はこんなに上昇しているのですか、ものすごい上昇で、強い違和感を覚えます」といったものだ。

本当に日米の株価は「ものすごい上昇」なのか

それでは、日米の株価は、本当にものすごく上昇しているのだろうか。
たとえばニューヨークダウ(工業株30種平均)で言えば、3月23日にザラ場の最安値1万8214ドルを付けた後は、それからほぼ3週間後の4月9日にはザラ場で一時2万4000ドル台を回復している。

これは、3月後半の株価下落が急速だったため、そこから逆に大きく跳ね戻っただけで、大幅な株価下落の前後ではよくある現象だ。そしてNYダウは、その4月9日から1か月半近く経過した今でも、2万4000ドル台に位置しているに過ぎない。つまりアメリカの株価は、いったんリバウンドした後、やや上昇気味ではあるが「保ち合い商状」だと言えるだろう。

日経平均株価も、3月19日にザラ場安値1万6358円で大底を打った後、1週間もしない同月25日には、一気に1万9500円を超えている。そこからじわじわと時間をかけて上昇傾向にはあるが、2カ月近くも経って、そこから1000円強上昇しただけだ。

つまり、日米株価のここ1カ月以上の動きは、「保ち合いに上昇の毛が生えた程度」であって、「とても力強い上昇」などと騒ぐようなものではない。では、なぜ「日米の株価上昇がものすごい」という違和感が唱えられるのだろうか。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?