日本人は「コロナ倒産の増加」を恐れすぎている

「企業数の減少=失業の増加」という思い込み

企業数で見れば、小規模事業者は全体の84.9%を占めていますが、雇用者数は22.3%にすぎず、創出している付加価値はわずか14.0%です。

倒産件数が多くなるということは、小規模事業者の倒産が増えていることを意味します。ですから、経済に対する影響を考えると、倒産などの件数が多いということは、逆に経済に対するダメージが小さい可能性が高いという、ある意味不思議な現象が起こります。

日本では企業数が減っても就業者は増えた

日本は企業の倒産に異常なほど過敏に反応しますが、やや冷静さに欠けている印象を強く持っています。どの規模の企業が倒産すると、どういう影響が出るのか、もっと冷静に考えるべきです。なぜなら、企業数の増減と就業者数の間には、一般に言われるほどの相関がないからです。

次ページ「倒産恐怖症」の日本人がよくする勘違い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT