コロナDVを断ち切るための離婚との向き合い方

アフターコロナ時代の家族のあり方とは?

2009〜2018年の10年間の婚姻届と離婚届で計算すると、婚姻649万2500件、離婚229万3083件で35.3%でした。ちなみに、2000〜2018年で計算してみても、36%となっています。つまり、話は1周して、やはり3組に1組以上は離婚している、ということが言えると思います。

今の時代に結婚はリスクなのか

3組に1組以上が離婚している日本。しかし、「離婚=リスクと直結する思考にも、リスクが潜んでいる」という視点も持っておいていただきたいと思います。

マスメディアなどでは、前回記事でご紹介した「再婚増加のエビデンス」よりも、よりキャッチーな「離婚の急増」ばかりが取り上げられやすい状況です。その結果、「結婚はリスク。だって離婚が増加しているからね」といった、結婚に対するリスク意識が助長されやすい傾向があります。

しかし、離婚が増加したことによって、前回ご紹介した「再婚が婚姻全体の4組に1組を超える勢いで増加している」という統計的事実があることも、意識していただきたいと思います。

つらい別れがあってこその出会い、が増えています。筆者の知人の中に、幸せな再婚を初婚男性との間に果たした女性がいますが、元夫との離婚理由は入院レベルのDVでした。その女性が「幼い子を抱えての離婚の決断には、結婚の時の5倍の意志の力が必要だった」と語っています。

離婚にはこのように大きな痛みが伴うケースがありますが、3組に1組以上という高い発生状況にある離婚を背景として、4組に1組を超えるリスタートカップルが生まれ、新たな家族を形成しているのです。

データからは、まだ再婚が10組に1組程度だった1970年代の状況のままの価値観で、ましてや、25年前の紙戸籍時代を引きずって、離婚をバツと唱え、「離婚=結婚生活の終わり」ましてや「家族形成の終焉」と断じることは決してならないといえます。

アフターコロナ時代の“二人”を考えるならば、「離婚が増えているというけれども、それがあってこその幸せをつかむ『リスタート婚』も増加しているんだね」と、離婚への前向きな解釈の重要性が高まっている、という視点が大切だと感じています。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。