コロナDVを断ち切るための離婚との向き合い方

アフターコロナ時代の家族のあり方とは?

2009〜2018年の10年間の婚姻届と離婚届で計算すると、婚姻649万2500件、離婚229万3083件で35.3%でした。ちなみに、2000〜2018年で計算してみても、36%となっています。つまり、話は1周して、やはり3組に1組以上は離婚している、ということが言えると思います。

今の時代に結婚はリスクなのか

3組に1組以上が離婚している日本。しかし、「離婚=リスクと直結する思考にも、リスクが潜んでいる」という視点も持っておいていただきたいと思います。

マスメディアなどでは、前回記事でご紹介した「再婚増加のエビデンス」よりも、よりキャッチーな「離婚の急増」ばかりが取り上げられやすい状況です。その結果、「結婚はリスク。だって離婚が増加しているからね」といった、結婚に対するリスク意識が助長されやすい傾向があります。

しかし、離婚が増加したことによって、前回ご紹介した「再婚が婚姻全体の4組に1組を超える勢いで増加している」という統計的事実があることも、意識していただきたいと思います。

つらい別れがあってこその出会い、が増えています。筆者の知人の中に、幸せな再婚を初婚男性との間に果たした女性がいますが、元夫との離婚理由は入院レベルのDVでした。その女性が「幼い子を抱えての離婚の決断には、結婚の時の5倍の意志の力が必要だった」と語っています。

離婚にはこのように大きな痛みが伴うケースがありますが、3組に1組以上という高い発生状況にある離婚を背景として、4組に1組を超えるリスタートカップルが生まれ、新たな家族を形成しているのです。

データからは、まだ再婚が10組に1組程度だった1970年代の状況のままの価値観で、ましてや、25年前の紙戸籍時代を引きずって、離婚をバツと唱え、「離婚=結婚生活の終わり」ましてや「家族形成の終焉」と断じることは決してならないといえます。

アフターコロナ時代の“二人”を考えるならば、「離婚が増えているというけれども、それがあってこその幸せをつかむ『リスタート婚』も増加しているんだね」と、離婚への前向きな解釈の重要性が高まっている、という視点が大切だと感じています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT