コロナDVを断ち切るための離婚との向き合い方

アフターコロナ時代の家族のあり方とは?

例えば、1995年に27歳同士で結婚したカップルがいたとします。当時はほぼ紙戸籍ですから、25年経った現在50代前半のカップルにとっては、紙戸籍感覚が当たり前となります。現在40代後半でも、居住地によっては紙感覚のほうが多数派です。

そして、この紙の戸籍だった時代、離婚すると、離籍する側の名前にバツをつけて消して籍から抜いていました。戦前・戦後と続く「離婚をしたら戸籍にバツがつく」という言い方は、実は離婚を批判する意味で考案された言い回しではなく、離籍の事務作業そのものを言っていた、というのが正解です。

であるにもかかわらず、オンライン化開始から四半世紀が経過した今でも、大正生まれの祖母よろしく「バツバツ」言っているのは、さすがに時代遅れ感が否めない、というところなのです。

「リスタート婚」の上流事象

では、離婚が増加したといわれるものの、いったいどれくらいの発生状況なのでしょうか。次のデータを見てください。

雑誌などでよく取り上げられているのは、単年度ベースです。例えば2018年では、役所に届けられた婚姻届は58万6481件、離婚届は20万8333件ですので、35.5%の発生状況です。

しかし、「婚姻数が激減しているのだから、過去のたくさんの結婚の結果である離婚を、今の結婚数で割るのはおかしいのでは?」という、分析視点としてすばらしい質問が出てくると思います。

詳細データは次回以降になりますが、婚姻後10年以上経過した長期型離婚よりも、それまでの短期・中期型離婚が多いため、10年間でどの程度の婚姻と離婚が発生したかを見ると、より正確になります。

次ページ結婚=リスクなのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。