「新型コロナ治療薬」の開発はどこまで進んだか

ウィズコロナ・ポストコロナの米国企業(2)

世界トップクラスの製薬会社ファイザー(PFE)もワクチンの開発に動いている。

3月に、ドイツを本拠とするバイオベンチャーのバイオエヌテック(BNTX)と新型コロナウイルスのワクチンの共同開発・販売で合意したことを発表した。バイオエヌテックも、メッセンジャーRNAをベースとした免疫抗体などを開発している。5月に入り、ヨーロッパとアメリカですでにフェーズ1の臨床試験を開始したことを明らかにしている。

経済活動の全快には新薬実用化が不可欠

新型コロナウイルス感染症の治療薬や予防ワクチンの開発は、アメリカだけではなく、日本やヨーロッパ、中国などの多くの企業や研究機関において、急ピッチで進められている。早くから治療薬の候補として名前が挙がっていた新型インフルエンザ治療薬「アビガン」も、承認の方向で進んでいる。

ロックダウンによる社会的・経済的影響は広範に広がり、人々の我慢も限界に近付きつつあることも事実だ。一方で、拙速な緩和が感染の再拡大を招きかねないとの意見も根強い。また秋以降、今後1~2年内に第2波、第3波の到来を危惧する説も聞かれる。

いずれにせよ、予防のためのワクチンや治療薬の開発が進めば、リスクは現状よりも小さくなるはず。早期の完成に期待したい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT