元メガバンク支店長が説く「お金の基本ルール」

お金に悩まなく済む方法とはいったい何か?

何が起きるかわからない今だからこそ、知っておくべき「お金が増える基本」をお伝えします(写真:metamorworks/PIXTA)
メガバンクに25年間勤め、支店長の経験もある菅井敏之氏。現在は、不動産賃貸オーナーとして、10棟70室のアパート経営で年間6000万円の不動産収入を得ている。銀行員時代を含めて約3万人もの人の「お金の相談」を受けてきた菅井氏が、生涯お金に悩まなくて済む方法を、著書『一生お金に困らない! 新・お金が貯まるのは、どっち!?』にまとめた。何が起きるかわからない今だからこそ、知っておくべき「お金が増える基本」を菅井が明かす。

生涯賃金のやりくりでは限界がある

新型コロナウイルスの発生、地球温暖化による自然災害の多発など、これまで経験したことのない時代に私たちは生きています。そんな、何が起きるかわからない今を生きぬいていくために、自分のお金をしっかりと管理し、資産を増やす知識を持つことが、ますます重要になっています。

「一生お金に困らない生活を送りたい」――。多くの人はそう思ったことがあるのではないでしょうか。同時に、「でも、現実的に考えると、一生お金に困らない生活なんて、私には無理」と諦めていませんか。

生活費、年金、住宅ローン、教育費、医療費、自動車費用、保険料、税金、退職金、雇用形態やリストラによる収入減など、お金に関する不安は後を絶ちません。

少し前に話題になった「老後資金2000万円問題」もそうです。この問題の発端は、金融庁の金融審議会がまとめた「高齢社会における資産形成・管理」報告書案です。年金で暮らす夫65歳以上・妻60歳以上の世帯は、家計の赤字が毎月約5万円。あと20~30年生きるには、1300万~2000万円足りない、というものです。

しかも、これは年金収入が月20万円以上ある場合の数字です。国民年金の人は夫婦でもせいぜい月12万円。これは、富裕層の底上げ分を含む平均の話ですから、貯金2000万円で足りるはずがありません。退職金が数百万円以下の人は珍しくないし、退職金ゼロの自営業者だって大勢います。「いったい、どうしたらいいんだろう」と途方にくれた人の声があふれました。

そのうえ、大騒ぎになったから報告書は「撤回」という話になって、ますます不安が広がってしまいました。

次ページサラリーマンの生涯賃金はいくら?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT