元メガバンク支店長が説く「お金の基本ルール」

お金に悩まなく済む方法とはいったい何か?

一般的に、大卒の平均的なサラリーマンの生涯賃金は、2億5000万円ほどだといわれています。そのうち、約2割が税金や年金、健康保険などで差し引かれますので、手取り収入は、およそ2億円です。そこから仮に、住宅費4000万円、保険料1500万円、子ども2人分の教育費3000万円の合計8500万円を差し引くと、実際に使えるお金は、1億1500万円になります。

22歳から65歳までの43年間で割ると、1年間で使えるお金は約267万円。月約22万円で生活をすることになります。定年後の不安に備えての貯蓄も考えると、2億円では少ないような気がします。しかも、私たちの平均寿命は年々延びていますから、さらに不安です。

ノーベル生理学・医学賞を受賞された京都大学教授の山中伸弥さんは、「再生医療が普及して、10年後ぐらいには、ほとんどの病気が克服できるようになるでしょう。すると、人間の平均寿命は、120歳くらいになるのでは」とおっしゃっているそうです。そうなると、ますます生涯賃金だけでは足りないのでは、と不安はふくらむばかりですね。

生涯賃金2億円を賢く管理して活用する

では、どうすればよいのでしょうか。

答えは、その2億円を賢く管理して、活用することです。ズバリ、申し上げましょう。それは、金融機関を上手に活用する、ということなのです。限られた生涯賃金で資産を増やすのには、やはり限界があります。でも、諦めないでください。自分の資産を増やす方法があるのです。

私は山形県の中央部にある朝日町で育ち、大学入学と同時に上京してきました。卒業後は、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行し、その後、横浜と東京の支店で支店長を務めました。48歳のとき、25年間勤めた銀行を辞め、現在は10棟70室のアパート経営で年間6000万円ほどの不動産収入を得ています。銀行員として人に「お金を貸す」側の立場もわかりますし、不動産賃貸オーナーとして銀行から「お金を借りる」側の立場もわかる、というのが私だからこそ、お伝えできるノウハウです。

この記事を読んでいる方には、もう定年が迫っている、あるいはすでに年金生活という人もおられるでしょう。そんな人でも大丈夫です。一生お金に困らないための第一歩となる、押さえておくべき基本の3つのポイントをお伝えします。

次ページ3つのポイントとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT