テレワークで憂き目に遭うのはどんな社員か

コロナ後は「優秀なテレワーカー」の時代に

──アウトソーシングの動きが加速すると、社員もうかうかしていられなくなります。

正社員だからといって、いつまでも大きな顔をできない時代がすぐそこまで来ている。というのも、これまで住環境や介護を理由に、物理的に出社できなかった層、いわゆる「くすぶり人材」を発掘してテレワーカーとして活用したほうが、効率よく業務が進むからだ。

実は弊社でも、人事担当はフランスに住んでいるテレワーカーだ。彼女は国内大手のコンサルティングファームで人事マネジャーを15年勤め上げてきたベテラン。しかし、夫の海外赴任でパリ郊外に移住し、離職を余儀なくされた。輝かしいキャリアと実力があるのに、仕事といえば通訳や翻訳の仕事がたまにあるだけ。そうした中、縁あって弊社のテレワーカーとして登録。今や社員として欠かせないメンバーになっている。

地方にも優秀な人材が眠っている。弊社に登録している売れっ子で、広告代理店から指名が絶えない「パワポ職人」がいるが、彼女は熊本県に住んでいる。三児の母でもある彼女は現在、義母の介護も担っているため、通常のオフィス勤務は厳しい状態だった。

しかし、彼女が作成するプレゼン資料はプロもうなる出来栄え。今では、企業がクライアントに提出するための資料作成を請け負い、制作するチームのディレクターとして完璧な進行管理を熊本にいてやってくれている。彼女のおかげで発注数も10倍に急増した。

今後は、使えない総合職おじさんよりも、こうした優秀なテレワーカーたちにアウトソーシングする動きが加速していくだろう。

24時間365日の稼働も可能になる

──そうしたテレワークが進んでいくと、今後は新たな働き方が生まれる可能性もありますね。

現在、弊社に登録しているテレワーカーの14%は海外に在住しており、その拠点は22カ国にも及ぶ。こうした人材を活用し、海外との時差を生かしながら24時間365日、フル稼働のサービスも可能になってきている。

例えば、「明日の朝イチでプレゼン用の資料がほしい」という仕事があったとする。それを日本時間の夕方にヨーロッパ在住のチームに依頼すると、彼らは始業とともに作り始める。

そして、夜中にアメリカ在住のテレワーカーに引き継いで仕上げていけば、日本時間の次の朝には資料が出来上がっているというわけだ。これは、一部の大手広告代理店や通信会社などですでに行われている。

こうした流れは止めることはできない。今からすべての業務を見直し、テレワークシフトを真剣に検討すべき時がきているといえるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT