2022年卒の学生にもじわり影響「就活」の現実

アフターコロナの就職活動はどうなるのか

例えば、最終面接まではオンラインで行い、採用面接のみ対面方式で行うなどをとる企業が増えてくる可能性があります。また、学生からの応募を待つような従来の方法だけではなく、アメリカで行っているような「ダイレクトリクルーティング」(SNSなどを通じて企業側からダイレクトにコンタクトをとる手法)を行う企業も出てくるでしょう。

こうした新しい技術が浸透していくなかで、企業が求める人材像も変わってきます。オンライン就活が当たり前となってくる来年以降に求められる人材は、グローバル化時代に対応できる「デジタル・マインド」と「デジタル・スキル」を持ち合わせた人材になるでしょう。

これまで企業は、グローバルスタンダードのデジタル化を目指すとしていましたが、大きな変革をすることに対して二の足を踏んでいた感がありました。ところが、新型コロナの蔓延により、オンライン化へのシフトが必然となりました。この急速な変化に対して、迅速に対応している企業はまだ少ないように思います。多くが試行錯誤しながら、新しいやり方を模索しています。

既存社員のデジタルスキルの低さが問題に

そんな中、経営者が直面しているのは、既存社員のデジタルスキルの低さです。こうした現状を打ち破るためにも、今後企業は、「デジタル・マインド」と「デジタル・スキル」を持ち合わせた人材を求めていくはずです。

『Fラン大学でも東大に勝てる 逆転の就活』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。特設サイトはこちら

平時は、「改善」はできても「改革」は難しいものです。ところが非常時は、平時の安定性が崩れているからこそ、考え方を変えれば現状を見直すきっかけになります。

これまでの採用計画は、かなり手がかかり、コスト面についても問題がありました。前向きに捉えるならば、これは変革のチャンスです。長い目で見れば、オンライン化が当たり前になることで、企業内におけるさまざまな改革ができるというメリットもあるでしょう。

現実には多くの企業の売り上げが減少し、利益も大幅に減ったことは大きな痛手であることは間違いありません。ただ、未曾有のウイルスに対応し、乗り越えることができれば、日本社会はこうした危機に対する免疫を獲得することができます。そういう強い社会を期待していまは耐え忍ぶ時期なのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT