野村克也氏が野球選手を目指した「本当の理由」 野村氏が選んだ“人生最大の戦略"とは?

印刷
A
A

野村克也氏も、野球の世界を選ぶことで、やがてプロの世界に入り「野球というスポーツに適したリソースを持つ集団」の中で、新たな勝負をすることを強いられました。高校までは、生まれ持ったリソースで勝つことができたのに、「野球に適した運動能力を持つライバルたち」という、同種のリソースを持つ次の競争が始まったのです。

野村氏と同時代には、長嶋茂雄選手、王貞治選手など、スターの資質と実力を兼ね備えた人たちがいました。野村氏は、彼らと同じような存在(ポジション)を諦め、地味ながらも実力があり、冷静にデータから優位点を探り、そして勝利を手に入れる、というのちのデータ野球に通じる、独自の戦い方を身に付けて、スター街道を歩み続けた長嶋選手、王選手とは違う活躍の道(ポジション)をやがて見つけていったのです。

長期的な視点から見た「回答」を知っている、凄み

企業の長期的な繁栄に寄与する要素が、リソース45%、ポジション15%、残り40%は不確定要素。ならば戦略理論の長期スパンの結果を知る強みは何か。時間の経過で、次第にどんな差が生れていくのかを予見できることです。

『3000年の叡智を学べる 戦略図鑑』(かんき出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

どんなに大きなチャンスが見えても、チャンスに適したリソースがなければイバラの道になる。チャンスが見えた者は、自分以外の(最適な)リソースとパートナーシップを作り、そのチャンスを獲得するコーディネーターとなるべきか。

一方、リソースがある者は、自己資源を最大限活用しながらも、相乗効果があるポジションを獲得することを狙い、さらに強固な勝者への道を歩むべきであることなど。

長期的な視点から戦略を理解することは、私たちに相乗的な強みを与えてくれるのです。歴史をより長くさかのぼることで、未知の危機や次の時代に対処する知恵を見つけられます。戦略とは歴史であり、歴史とは、より長いスパンでベストな解決策を模索できる能力なのですから。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT