野村克也氏が野球選手を目指した「本当の理由」

野村氏が選んだ“人生最大の戦略"とは?

野村克也氏はプロ野球選手として、監督としてなぜ活躍できたのか。そこには野村氏がライバルに勝つための戦略的理論があった(写真:共同通信)  
今年2月に84歳でこの世を去った野村克也氏。プロ野球界にその名を刻んだ野村氏は、実は単純に野球が好きだったからというわけではなく、金持ちになるために“戦略的”に野球の道を選んだのだといいます。
人は、競争に勝つために「ライバルに打ち勝つ」べきか、それとも「自分の資質を活用する」べきか、『3000年の叡智を学べる 戦略図鑑』の著者で、ビジネス戦略、組織論に詳しい鈴木博毅氏が、人類が長い年月のうちに築き上げてきた“戦略”を基に解説します。

野村氏が成功するために選んだ戦略とは

「ぼやき」で有名だった野村克也監督(今年2月死去)は、プロ野球の往年の名選手であり、監督としても長期に活躍した傑出した人物でした。その野村監督が、野球を始めたきっかけが、書籍『野村克也、明智光秀を語る』に書かれています。同氏は、もともとは母親孝行をしたい一心から、シンプルにお金持ちになれる道を探していたのです。

まず歌手の美空ひばりさんをまねて歌で成功しようとしたが、声の音域が狭いことで諦め、次は映画俳優で成功しようとしたが、鏡の中の自分を見て諦めて、最後に残った野球が、「自分でも驚くほどうまくできた」のです。

野村監督は、ほかの野球部員から「お前は隠れて練習したのか」と言われるほど、素質が野球に合致していました。「野球ってこんな簡単かよ。そうならば、俺は死ぬ気で野球をやろう」という想いが、野村少年を野球一筋に決意させたのです。

特定の運動能力を、典型的な経営資源と考えると、野村監督にとって、歌でも俳優業でもなく、野球を選択することが競争に勝つための最初の戦略だったことがわかります。母子家庭で苦労している母親を見続けていた野村少年は、野球という自分に正しい戦略を選ぶことによって、母親孝行という自分の夢をのちにかなえることができたのです。

これはまさに、企業戦略の大家として名が知られるジェイ・B・バーニーの提唱するリソース・ベースト・ビュー(resource based view)という戦略思考だといえます。

バーニーは、著作『企業戦略論』で、企業が独自に持つ経営資源の活用こそが、戦略であるとしました。

それぞれの企業が持つ、独自の経営資源をいかに活用するかということこそが、競争に勝つための重要なポイントだとしているのです。

次ページ競争戦略の世界的大家、マイケル・ポーター教授
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。