コロナ疲れで病む人・病まない人の決定的な差

「毎日お酒を飲む」「テレビ好き」な人は要注意

少量でも「毎日」飲む人は、脳への悪影響は甚大です。週に2日は休肝日(まったくお酒を飲まない日)を作ったほうがいいでしょう。

お酒は、コミュニケーションの潤滑剤。人と一緒に楽しみながら飲むことをおすすめします。家族と飲む、あるいはオンライン飲み会で友人と一緒に飲むのはいいでしょう。

1人で飲むと飲酒量は増え、みんなと飲むと飲酒量はほどほどに抑制されます。お酒に飲まれるのではなく、お酒を上手に利用しましょう。

特徴その5.孤独な人

「孤独」は、うつ病や認知症のリスクを増やすだけじゃなく、メンタルにも悪影響を与えます。

外出自粛とは、家に閉じこもって、「誰にも会わない」こと。人間関係のロックダウンと勘違いすると「コロナ疲れ」を進めます。

友人などに”直接”会うのは好ましくないので、SNSや電話で連絡をとりあう、Zoomなどのテレビ電話で相手の顔を見るということは、とても大切です。

「高齢の家族」のケアも大事

高齢のお年寄りなどは、「コロナ感染が怖い」と家から一歩も出ずに、誰とも会わないという人も多いはず。コロナ感染対策としては、間違っていないのですが、スマホなどで友人や親戚と連絡をキープしてください。

家の扉は閉じても、心の扉は開けておく。そうでないと、「うつ」っぽくなります。「コロナ疲れ」が一番心配なのは、高齢者のみなさんです。コロナ感染すると重篤化するハイリスク群ですから、若い人たちの何倍もの不安と恐怖で毎日を過ごしているでしょう。

あなたに高齢のご両親、または祖父母がいる場合は、2、3日に1回電話してみましょう。あるいは、毎日、メールやメッセージを送りましょう。コミュニケーションは安心につながります。

安心は免疫力を高め、不安は免疫力を下げます。あなたの声やメッセージが、ご両親、祖父母の、コロナ疲れを癒やすこともあります。

外出自粛、そしてコロナウイルスとの戦いは、長期戦。あまりピリピリせずに、楽しみながら、「つながり」を大切にしながら、乗り越えていきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT