世代別、「自分を伸ばす」仕事の選び方

新年度スタート!4月のうちに考えておきたいこと

しかし、である。こう言うと、「やみくもにいろんな仕事をしても、どこにでもいそうな都合の良いジェネラリストになるだけでは?」と思う方もいるだろう。その通り。やみくもに新しいことを何でもやればいいわけではない。

その時、大事になるのは、20代と同様に意志を持って、ロールモデルや、情熱を大切にすることだ。ただの器用貧乏なだけではいけない。情熱を大事に、難度の高い多様な経験を重ねることが職業人生の豊かさを深めていく。

もし、「情熱を燃やす対象が、まだ見えない」なら、どうするか。その場合、まずやるべきことは、新しい人と出会うことだ。恋愛と同じで、情熱を燃やせる対象というのは、部屋にこもっていて生まれるわけではない。情熱を持っている人に具体的に触れることで、「私もこんなことがやってみたい」という想いが湧きあがってくるものだ。

40代は、「決断」で選べ

30代後半~40代以上は、知識も体力も経験も「ピークパフォーマンス」になる時期だ。その時期には、自ら「決断」出来る環境に、身を置くことが大切だ。自分で意思決定し、責任を追える立場にいるほど、人はイキイキしているものだと、数多のエグゼクティブ゙を見てきた森本氏は断言する。意志と実力があるのに、それを発揮する場がないほどストレスなことはない。

もちろん、「今の会社では、上司や組織との兼ね合いで、自分では意思決定できない」、そんなこともあるだろう。

そんなときのベストソリューションは何か。可能であれば、一時的な評価が下がろうが、いったん少し小さい組織に行ってみることだ。ベストは、海外に出るチャンスを狙うことだろう。最近は、会社規模にかかわらず手を挙げ続ければ、比較的若手でも海外に出られるケースは増えている。海外は所帯が小さいため自分が決断しやすい。上司のしがらみも少ない。実際、海外に出ると、日本に帰りたくないと言う人が9割以上だと言うから、面白い。

海外に行かなくても、社内であえて支店など、今より小さい組織に行ってみるのも良い。「最初は冷や飯赴任といわれてもいいので、意思決定できる環境に行った方が結果として輝いている人が多い」と森本氏も語る。

小さい所帯で成果が出せない人は、大所帯にいてもやることはない。そこで決断して成果を出せば、必ずいつかまた別のチャンスも廻ってくるのだ。

次ページリスクをとらないことが、最大のリスク
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT