滝沢カレン節炸裂の「料理本」劇的ヒットの必然

レシピがこんなにも文学的になるなんて

分量も時間も明記しない滝沢氏の本は、初めて台所に立った人には不親切かもしれないが、「正しく作ること」にとらわれている経験者にとっては、初心を思い出させる力がある。から揚げにする鶏肉に加えるニンニクとショウガの量を「アクセサリーをつけるくらいの気持ちで」と表現すると、感覚的に好きな量を入れることができる。

揚げている間に「だんだんとキャピキャピ音が高くなってきたら、ほんとに出してくれの合図です」と音を聞き、ハンバーグで「何勝手に洋服羽織ってんの⁉」と料理の色を観る。

料理は本来「楽しいこと」を思い出させる

料理は本来、五感を駆使して感覚的につかんだ方法で作る。どんなにきっちり本の通りに測っても、食材の状態、天候によっても仕上がりは変わる。食べる人の好みやそのときの気分に合わせることはできない。しかし、感覚的に料理ができるようになったら、適切な方法を臨機応変につかめるようになる。また、いちいち分量を量ったり、料理中にレシピ本を確かめるより時短にもなる。

正確な情報を求める私たちは、失敗を恐れ過ぎてはいないだろうか。料理には失敗がつきものである。レシピに頼ろうが、自己流でやろうが、焼き過ぎる、火が通っていない、味が濃過ぎる、薄過ぎるといった失敗はある。しかし、レシピに頼って失敗すれば、レシピのせいにできる。

料理編集者たちが正確さを求めるのは、そうした読者たちを知っているからだ。しかし、奇しくも2人の料理家がどちらも滝沢氏をうらやましいと言うのは、料理家たちの本音は自分なりに応用できるようになって欲しい、というものだからではないだろうか。

”カレンワールド”全開の本は、もう1つ新たな可能性を示している。それは、特に初心者向けのレシピ本に近年登場しているユーモアだ。

山本ゆり氏が、そのパイオニアである。例えば、豚キムチ豆腐のレシピで、材料に「万能ねぎまたはにら」と入れたうえで、吹き出しで「この二択何。味全然ちゃうやん」とツッコミを入れるなど、レシピに挿入された大阪弁のコメントが、クスリと笑わせる。2016年に出た『ゆる自炊ブック』も、「豚こまと玉ねぎのしょうが焼きっぽい炒め」という料理名にするなどユーモアを見せる。そして、滝沢氏の本はユーモラスな表現で押し通している。

料理はガチガチに緊張して作ると失敗しやすい。栄養バランスなどを考え、真面目に取り組み過ぎても疲れる。「肩の力を抜き、楽しもうよ」と、これらのレシピ本は伝えている。そうした楽しい本は、これからもっと増えるのではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT