住まいのプロに聞いた「在宅」を快適にする術 今回は4人の子育て家族を対象に話を聞いた

印刷
A
A

次に、旭化成ホームズの元営業マンで、現在は事務系スタッフとして勤務するCさん(40代男性、戸建て住宅居住)の事例を紹介します。

「私の場合は3階のバルコニーに机と椅子を出し、キャンパスを張って日よけにして仕事スペースとしています。屋外スペースなので、書類が風で飛ばないように、ワイヤー式の布団干しばさみでテーブルに書類を挟む工夫を採り入れました」

冒頭でも紹介しましたが、ベランダに設けられたCさんの仕事場(写真:Cさん提供)

周囲の建物からの視線があまり気にならない3階であるため、時にはBGMを流しながらリラックスした状態で過ごすこともあるそうで、「これは会社ではできない贅沢ですね」と語っていました。

Cさんも共働き世帯で、9歳の息子さん、7歳の娘さんと暮らしています。奥様とは仕事部屋を(階も)分けているので、互いに邪魔にならず仕事ができ、子どもたちも親が仕事中ということを理解してくれており、邪魔しないように気を遣ってくれているといいます。

勤務のついでに家事もこなす

「通勤や帰宅など時間の読みづらい空白がなく、全員の1日のスケジュールが目に見えるため、以前より規則正しい生活ができています。やってみれば問題はほとんどないという感じ。トイレに立つタイミングなどに洗濯機のボタンを押すなど、在宅勤務ついでに家事もこなしています」と話していました。

Cさんは上記のような経験もあり、以下のようなアイデアを提示しています。

・屋外のスペースを利用するなど開放感を演出する

・まだ目の離せない年齢の子どもがいる場合、互いに見える空間での仕事となるが、子どもが楽しめる空間や仕掛けを作ってあげ、飽きさせない工夫も必要

・親の仕事スペースの近くに子どもの遊び場スペースを設けるなども一つの工夫

前述のAさんとCさんの意見を総合すると、外部環境に近い場所を仕事場にすることと、夫婦の仕事場に一定の距離感を設けること。これらが在宅勤務をスムーズに行えるようにするテクニックといえそうです。

次ページマンション暮らしの場合は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT