キューバ人が資本主義に抱いた「何かが違う感」

モノがないキューバが最高なわけではないが

サンティアゴ時代のリーさん。近代的なビルが並ぶ風景はキューバにはない(写真:リーさん提供)

頼りにしていた幼なじみも、リーさんの相談に乗る余裕はなかった。「キューバではみんなお金はないけれど、友達が困っていたら親身になって助けてくれます。だけどチリに住んでいると、お金はあるはずなのに気持ちの余裕がなくなってしまう。ほかに頼れる人がいなかった僕はパニックになりました」。

その後リーさんは、チリの首都サンティアゴの会社に声をかけられ、転職する。しかしいざ働いてみると、最初に提示された給料の3分の2しか支払われなかった。

「世界中どこでもそうだと思うけど、移民は社会のことがよくわからないからだまされやすい。サンティアゴは家賃が高いので、最初の2カ月はパンとインスタントラーメンだけで過ごしました」

キューバにいたほうが貯金ができる?

再び転職し、安定した給料をもらえるようになったリーさんだったが、今度はキューバに戻ることを考え始めた。

「チリではキューバよりたくさん給料がもらえたけど、家賃など出ていくお金も大きかった。キューバに戻って観光の仕事をしたほうが、チップがあるから貯金できるのでは、と考えました。キューバは家賃も無料だし、固定費はほとんどかからない。それにモノがないので、お金があっても使うことがないから(笑)」

キューバの平均給与は634ペソ(2019年時点、約26USドル)。日本円にして3000円に満たない月収で生活できるのは、無料もしくは限りなく安い住居や教育、医療サービスがあるからだ。必要最低限の食料や日用品の配給は続いているため、極端な話、働かなくても路頭に迷うことはない。友人が困っていれば家に泊めてごはんを食べさせる、助け合いの精神も社会に浸透している。

「チリでは生活の不安がずっとあったから、キューバに戻ったらホッとしました」。リーさんは再びツアーガイドとして働き、貯金もできるようになった。しかし時代はトランプ政権に移り、オバマ政権時に緩和された経済制裁が再び引き締められる。

トランプ大統領はアメリカからキューバへの渡航・送金・投資を制限。さらに、長年ベネズエラからキューバに優遇価格で提供されていた、原油にも圧力をかけた。アメリカが1996年に定めたヘルムズ・バートン法により、アメリカ企業だけでなく、キューバと取引した第三国の企業や銀行にも高額の罰金が科せられる。キューバへの経済制裁が「世界一厳しい」と言われるゆえんだ。キューバ経済は再び後退していった。

次ページアメリカ型の資本主義は受け入れられない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT