キューバ人が資本主義に抱いた「何かが違う感」

モノがないキューバが最高なわけではないが

経済制裁が再び引き締められ、経済危機に見舞われているキューバ。リーさんに今のキューバの生活について伺った(写真:筆者撮影)

2015年、オバマ政権時にアメリカとの国交が回復したカリブの島国キューバ。同年にアメリカからの渡航・送金・投資などの規制が緩和され、経済成長率は3.5%上昇した。だがトランプ政権になった2017年、経済制裁は再び引き締められる。さらに支援国ベネズエラの政情不安も重なり、キューバは大きな経済危機に見舞われている。

キューバ革命前、アメリカの半植民地状態だった頃を知る世代からは、「あの頃より今のほうがいい」という声も多いが、革命後に生まれた若者は日々何を感じて生きているのか。幼少期から海外に憧れ、独学で日本語を習得したリーさん(36歳)に話を聞いた。

どん底の時代に大ヒットした「おしん」

「僕が子どもの頃、キューバには電気も食べ物も、何もありませんでした」

リーさんが幼少期を過ごした1980年代後半から1990年代にかけては、社会主義国にとって厳しい時代だった。1959年の革命以降、アメリカから経済制裁を受けているキューバは、エネルギー資源や生活物資の80%を社会主義国からの輸入に頼っていた。しかし、1989年のベルリンの壁崩壊をきっかけに、東ヨーロッパ諸国との貿易がストップ。極めつけは、1991年のソ連解体だった。

町から食料や日用品が消え、1993年には経済成長率がマイナス14.9%にまで落ち込む。電気や水が頻繁に止まる中、日本のテレビドラマ「おしん」が放送され、視聴率80%超えと言われる大ブームとなった。貧しさに耐えて頑張るおしんの姿が、キューバの生活と重なったのだ。

「僕もおしんが大好きでした。5歳のいとこがベッドのシーツを体に巻き付けて、着物ごっこをしていたのを覚えています。その頃、キューバは本当に何もなかったから、おしんは数少ない楽しみでした」

リーさんがさらにアジアの文化に興味を持ったきっかけは、船乗りだった祖父が持って帰ってきた日本の洗濯機だった。ラベルに書かれた漢字に強く惹かれ、意味もわからないまま毎日書き写したという。

次ページ資本主義国で感じた「生きづらさ」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT