中米「移民集団」がアメリカへ逃げているワケ

キャラバンはいったい何を目指しているのか

ホンジュラスなどから大量の移民がアメリカを目指して北上している(写真:Hannah McKay/ロイター)

中米からアメリカ国境を目指す移民集団「キャラバン」が、徐々にアメリカに近づいている。報道によると、目下約6500人がメキシコ中部を北上中。これに対して、アメリカのドナルド・トランプ大統領は国境警備の強化に加えて、11月9日、不法入国者の難民申請を認めない大統領令に署名。キャラバンの「国境越え」を力ずくで阻止する構えだ。

この「キャラバン」が発生したのが、アメリカ大陸の真ん中に位置するホンジュラス共和国である。同国では10月中旬、4カ所にソーシャルメディアを通じて移民が結集し、アメリカを目指すようになったのだが、当初160人だった集団は徐々に膨張。グアテマラとメキシコの国境地点では、7000人を超える規模に膨らんでいた。

アメリカまで約4000キロを徒歩で

その後、ホンジュラスで第2陣が、隣国のエルサルバドルで3陣が発生し、後を追うようにそれぞれアメリカを目指している。このほかにも、ホンジュラスやエルサルバドル、グアテマラで小さなキャラバンも組成されている。すなわち、11月初旬で中米3カ国の1万人を超える人がキャラバンに加わっている格好だが、エルサルバドルのEL DIARIO DE HOY(11月5日電子版)によると、これまでに6500人以上が帰国の途についている。

ホンジュラスからアメリカへの距離はざっと4000キロ。それを徒歩で目指そうというのだが、どれだけ過酷かは言うまでもない。実際、ユニセフの発表によると、キャラバンの中には約2500人の子どもがおり、多くが病気にかかっているようだ。

(写真:Hannah McKay/ロイター)

なぜそこまでして、多くのホンジュラス人がアメリカに移民しようとしているのか。それには3つの理由がある。

1つ目は母国における食糧難である。ホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラ、ニカラグアの4カ国は「CA-4」と呼ばれ、この4カ国の人口4600万人の国境の通過は自由となっている。しかし、どの国も経済的基盤が弱く、貧困層が社会の大半を占めているのである。

次ページホンジュラスは人口の6割が貧困層
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。