在宅介護「代わりがいない」彼らに迫りくる限界

コロナ禍で負担激増、感染リスクにも怯える

“家庭の問題”として閉じ込めてきた矛盾が、コロナ禍で一気に噴出してきている(撮影:穐吉洋子)

高齢者や障がい者らを家庭で介護する人(ケアラー)が新型コロナウイルスに感染した場合、誰が高齢者らの面倒をみるのか。ただでさえ苦労を余儀なくされているそうした家庭が、足元を大きく揺さぶられている。

介護時間 1日5.7時間も増加

「コロナの感染拡大以降、介護の時間は1日平均で5.7時間も増えています。介護によるストレスや身体的負担も増えている。マスクなどの衛生資材も足りていません。そんな状況で、介護する側の自分が感染したらどうなるのでしょうか?」

一般社団法人日本ケアラー連盟の代表理事・児玉真美さんはそう訴えた。介護施設の休業が増えて今までのような利用ができなくなったり、臨時休校で障害のある子どもがずっと家にいたり……。そうした結果、介護の時間が急増しているのだという。

話の元になっているのは、同連盟が自宅で介護をしている人を対象に実施したインターネット調査(3月21〜30日、回答者381人)の結果である。

「ケアに要する時間に変化はありましたか」の問いには、141人(37%)が「長くなった」と答えた。その増えた時間の1日平均が5.7時間なのだ。1日の4分の1に相当する長さである。普通に利用できていた通所施設が閉鎖になるなどして、家庭での負担が増したため、と思われる。

その結果、何が起きているのか。回答には次のような“肉声”が並んでいる。その一部を示そう。

日本ケアラー連盟代表理事の児玉真美さん。取材は電話で行われた(写真:児玉真美さん提供)
・ショートステイやデイサービスが利用できず、要介護者が家にいるので、自分自身のことや家事ができなくなった
・介助の時間が日中ずっとなので、食べているヒマがない。食べなかったり、家事をやりながらパンをかじったりしています
・母がデイサービスへ行かれずストレスが溜まり、いろいろと用事を作る。例えば、ティッシュを細かくちぎって花吹雪にする。大声で「おやつくれー」と叫んだり、杖でバンバン床を叩いたり、「なんかおくれ~」と杖で私を小突いたり
・ケアの負担が増えたため、買い物に行く体力がない。買い物に行くには重度障害児を連れて行かなければならない。買い物に行くにも感染の不安がある
・買い物自体行けない。ケアを代わってもらう人がいなく、外出さえできない

もうこれだけで、日々の暮らしは崖っぷち、と映る。

次ページ介護する側が感じている不安
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT