「在宅勤務あるある」に誰もが苦しむ根本原因

社労士社長がテレワークしてわかった現実

何かヒントはないものかと思い、いろいろな方にヒアリングをしました。

(1)テレワーク熟練者・伊藤さん(仮名)の場合

まずは、カナダに本社がありグローバルに展開する会社の日本支社に勤務している、伊藤さんに話を聞いてみました。

伊藤さんは、6歳のお子さんと奥様との3人暮らし。コロナ以前から、基本的に会社には出勤しないテレワーク歴が長い方です。

お子さんとの在宅勤務についてはほぼ同じような状況でしたが、6歳ということで昼寝時間がほとんどなく、国内の社員とのWeb会議は、仕方がないので「ガラガラのカフェでやっています」とのことでした。

カナダ本社などとのやり取りは、逆に深夜帯なので在宅でもまったく支障がないそうです。今はテレワークといっても在宅していなければいけないので、「いかに自分だけの時間を作るかがカギ」とおっしゃっていました。

(2)ITコンサルタント・大山さん(仮名)の場合

大山さんはITコンサルタント会社の経営者です。今まさに、各企業にテレワークを推奨しているところです。きっとうまいことやっているであろうという予想の下、話を聞いてみました。

そんな大山さんの第一声は「クロージングに苦戦している」でした。Webを駆使して営業をするものの、どうしても「それでは検討します」で終わってしまうといいます。いわゆる“モノ”を売る営業はほとんど変わらないけれど、コンサルティングという“無形のモノ”を売るのに苦労しているようです。

また、マナー研修など実際のワークを必要とする研修がWeb研修ではうまくいっておらず、「数カ月後にマナーのなっていない営業がたくさん出てくるかもしれない」と、冗談交じりに話してくれました。

(3)事務職の平井さん(仮名)の場合

平井さんは、公的事業にかかわる事務職の独身女性です。通勤地獄から解放され、仕事にも集中できて生産性が上がったそうです。ただし「やはり寂しいです」とも漏らします。

一人暮らしで集中してやる仕事にはもってこいである一方、発想やアイデアが必要な場面では支障があるようです。あらためてミーティングする場はWebで設定すればいいものの、「何気ない会話から生まれるアイデアが出づらくなっている」と、少なからぬ不安を口にしていました。

次ページテレワーカー3人に共有する課題
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT