「在宅勤務あるある」に誰もが苦しむ根本原因

社労士社長がテレワークしてわかった現実

緊急事態宣言後、ほどなくして2歳の長女の保育園が休園となりました。つまり、基本的には24時間、2歳児と0歳児と過ごしながら、仕事をこなしていかなくてはならないということです。これが大きな計算違いでした。

長女が新生児のころは、基本的に4時間おきのミルクの時間を想定しておけば、さほど問題なく業務を遂行することができていました。その感覚で仕事を考えていたのです。

ところが、ご想像のとおり、2歳児はまったくコントロールが利きません。「パパは仕事中だから」などという理屈はまったく受けつけません。

むしろ、「つねにパパがいる」という理解なのか、四六時中からんでくるではありませんか。いつもであればこれほどうれしいことはないのですが、在宅勤務中となるとそうとばかりは言っていられません。

Web会議をしているとそこへ乱入し、メールの返信をしようとするとPCのキーボードを連打する。電話をしていると、突然テレビのスイッチを入れてくる。さらには、ストレートに「一緒に遊ぼう」と腕を引っ張られ、下の子にミルクをあげているすきにPCをいたずらされ、原稿を小まめに保存しないと、いつ消されるかわからない等々、まったく仕事がはかどらないのです。

「でも奥さんがいるでしょう」と思うかもしれませんが、妻も「在宅勤務なんだから育児しながらは当然でしょ」と思っているようだし、なんなら私自身もそう思っているので、やはりはかどらないわけです。

育児で一変する家庭環境

こうも以前と環境が異なると、「家庭環境によって個別に働き方をカスタマイズすべき」というのが率直な感想です。独身、夫婦2人、0歳児がいる世帯、2歳児がいる世帯では、こうも違うものなのか。

「何をいまさら言ってるんだ!」とお叱りを受けるかもしれませんが、私のような経営者はゴマンといます。つまり、やってみないとわからないのです。

そんな中でたどり着いたのが、8時間という労働時間の使い方を通常の始業・終業時刻で考えるのではなく、24時間で考える、ということです。

次ページ24時間を有効に使うには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT