自民党は決して一枚岩ではない

純化路線を突き進む安倍自民党

安倍首相が執念を燃やす集団的自衛権の憲法解釈の変更について、与党内で議論が高まってきた。

山口代表をはじめ、公明党には依然、消極論が根強いが、自民党内からも反対論や慎重論が噴出し始めた。村上誠一郎元特命担当相は「解釈変更ではなく、堂々と憲法改正を」と主張し、大島理森前副総裁も「閣議決定先行でいいのか」と慎重姿勢を示す。

村上氏は無派閥、大島氏は大島派の領袖だが、ともに三木元首相が率いた三木派の流れを汲む。

一方、岸田派の溝手参議院議員会長も「党内で慎重な議論が必要」と説く。党内の派閥では、大平元首相や宮沢元首相らの宏池会を源流とする岸田派も、反対論や慎重論が多いと見られている。

だが、トップの岸田外相を筆頭に小野寺防衛相、林農水相、根本復興相らは、安倍内閣の閣僚ということもあり、政権を支える姿勢を示して沈黙を守る。

自民党の派閥は現在、町村派(92)、額賀派(51)、岸田派(41)、麻生派(34)、二階派(31)、石原派(13)、大島派(13)という勢力地図だが(括弧内は国会議員数)、党所属国会議員は衆参で 409人だから、いまは無派閥(134)が最大勢力だ。自民党は長らく「佐藤・田中・竹下(現額賀派)」「池田・大平・宮沢(現岸田派・麻生派)」「岸・福田・安倍(現町村派)」「河野・中曽根・渡辺(現二階派)」「石橋・三木・河本(現大島派)」の5大派閥の連合体というのが実態だった。

加藤元幹事長は昔、自民党の本質を「反共・天皇制擁護・自由主義経済・親米を共通項とする人たちが集まった国民政党」と解説していたが、路線や政策を異にする人たちが同居するごった煮政党で、曖昧さや幅の広さを内包しながら、統治能力と政権運営力を武器に、長期政権を続けた。

ところが、政権奪還を果たした安倍首相は独自路線を決め打ちして独走する。純化政党の一面が目立っているが、それが現在の自民党の裸の姿なのか。だとすれば、いつ、どんな事情で変貌を遂げたのか。この先、政権政党として何を目指そうとしているのか。次回から「自民党の謎」について考察する。

(撮影:尾形文繁)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT