だから『アナと雪の女王』は大ヒットした

ディズニー・アニメーション幹部が語る快進撃の理由

――『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』など、近年はディズニー・アニメーションの評価が非常に高く、興行的にも成功していますが、その躍進の理由のひとつとして「ピクサー・アニメーション・スタジオ」のジョン・ラセターをクリエーティブ・チーフ・オフィサーに迎え入れたことが大きかったと言われています。彼と一緒にやろうと思った理由を教えてください。

  Andrew Millstein(アンドリュー・ミルスタイン)
米国フィラデルフィア出身。1997年5月にウォルト・ディズニー・スタジオ入社。ザ・シークレット・ラボ(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ デジタル部門)を経て、エグゼクティブ・バイス・プレジデントに昇進。『ディズニーフェアリーズ』シリーズ、『プリンセスと魔法のキス』『シュガー・ラッシュ』『プレーンズ』『アナと雪の女王』など、大ヒット作を連発している。現ASIFA(国際アニメーションフィルム協会)、VES(視覚効果協会)加盟、コルバーン・スクール(南カリフォルニア大学音楽学部の入学準備校)委員を務めている。

基本的にピクサーを合併した件については、ウォルト・ディズニー・カンパニーCEOボブ・アイガーの考えによるところが大きかった。ただし、クリエーティブな面に関しては、ピクサーとディズニーは、もともと非常に強力的な関係を築いていたからね。そういった土台を生かしたうえで、ジョン・ラセター、エド・キャットマルというすばらしいクリエーターの優れたビジョンを取り込むことができたのがいちばん大きかった。ちょうど彼らをトップに迎え入れたときは、ディズニー自身が、新たな風を必要としていたから、本当に彼らを迎えられてラッキーだったよ。

――ウォルト・ディズニー・カンパニーは、これまでマーベル、ルーカスフィルムなど優良なコンテンツを持つスタジオを傘下に収めてきました。次回作は『ビック・ヒーロー6(原題)』を映画化すると聞きました。これはどのような作品になるのでしょうか?

『ビック・ヒーロー6(原題)』は全米では11月に公開予定のアニメーション作品なんだけど、もともとドン・ホールという監督がマーベルコミックスの大ファンでね。マーベルコミックスの中でもかなりマイナーなコミックが原作なんだけど、それをアニメーションにしたいと言ってきたんだ。確かにあまり知られているコミックではなかったが、そこにあるモチーフがどこかディズニー・アニメーションに通じるようなものがあって、これならいけるんじゃないかと思った。実は日本のアニメーションに影響された部分もかなりあるし、そういう意味でどういう作品になるのか、楽しみにしているよ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT