中国入国「2週間隔離」された日本人の悪戦苦闘

中国政府は外国からのコロナ感染拡大を懸念

PCR検査を受けている松井さん(写真:松井さん提供)


「本来は直行便が再開する3月29日に大連に戻る予定でしたが、3月26日夜に、中国政府が28日から外国人の入国を拒否するとの発表があり、慌てて航空券を取り直しました」

そう話すのは、中国にある5つの工場で味噌や調味料を生産する、食品メーカー松井味噌(本社・兵庫県明石市)の松井健一社長だ。1月下旬に武漢からチャーター便で日本人が帰国していた頃、大連に生活の拠点を置く松井さんに日本人学校関係者から「早めに帰国したほうがいい」との情報が回ってきた。

松井さんは中国人の妻を現地に残し、3人の娘を連れて2月に一度日本に帰国した。だが日本におけるコロナの感染拡大も深刻で、学校も休校となったため、松井さんと娘たちは3月に再び中国に戻ることにした。

ところが松井さん一家が中国に戻る準備を進める一方、今度はウイルスの逆流が中国を脅かすようになっていた。中国では2月に、「新型コロナウイルスの4月末終息」という目標を掲げ、2月下旬以降は短期間で感染者が急減した。

しかし終息へのカウントダウンが始まる中で、武漢以外でクラスターが散発的に発生。少しでも漏れがあればウイルスがあっという間に広がることも、改めて実感されている。

行き先が急遽変更され上海で隔離生活

そんな中で松井さんは日本から、一旦オフィスと家がある香港へと移動。その後、香港―大連の直行便が再開する3月29日に大連に戻ることにした。だが3月28日以降、中国で外国人の入国を一律拒否することが決まったため、慌てて上海経由で大連に向かうチケットを取り直したのだ。

3月27日、上海で飛行機を降りた松井さん一家が「乗り継ぎ」と書かれた方向へ歩いていると、空港職員に「こちらに来ないで」と止められ、「あなたたちは上海で2週間隔離されます」と告げられた。松井さんが「大連行きのチケットをすでに予約しているのですけど」と空港職員に訴えると、「大丈夫です。それは取り消しましたから」と問答無用だった。

「私は早々に諦めたけど、空港はあっちこっちで怒声が飛び交って暴動寸前でしたよ」と松井さんは振り返る。その一方で、松井さんの次の不安は、「上海で2週間足止めされて、大連でまた2週間隔離されるのか」ということだった。その場にいた職員に聞くと、「2週間先のことなんて、わかるわけがないでしょう」と言われて、「たしかにそれもそうだな」と松井さんは納得した。

次ページ隔離先の生活は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT