北朝鮮が「感染者ゼロ」と豪語する裏の事情

アメリカの制裁緩和の動きは追い風になるか

平壌でも消毒作業など防疫が徹底して行われている(写真:aflo)

世界規模で新型コロナウイルスが拡散している中、「感染者なし」とアピールする国が、日本のすぐ近くにある。北朝鮮のことだ。2020年4月1日、北朝鮮における防疫部門のトップといえる国家衛生検疫院のパク・ミョンス院長は外国メディアに対し、「現在までわが国では新型コロナウイルスによる感染者は1人もいない」と述べた。

これに対し、在韓米軍のロバート・エイブラムス司令官は「(感染者ゼロという)そのような主張は不可能だ」と反応。エイブラムス司令官は3月中旬にも「北朝鮮には感染者がいると確信している」と断言したことがある。3月下旬には、新型コロナウイルス感染症による死者が100人になったという報道も流れるなど、北朝鮮側の主張には大きな疑問符がついたままだ。

隔離者数は7000人を超えた

新型コロナウイルスの発信源である中国と長い国境を接する北朝鮮の行動は、他国と比べて早かった。2020年1月下旬には国境を封鎖した。2月に入ると鉄道・航空便を停止。内・外国人を問わず、外国からの北朝鮮入国者を隔離する措置をとった。これは平壌に駐在する外交官についても同様であった。北朝鮮メディアも「医学的監視対象者が7000人いる」と報道したことがある。この「医学的監視対象者」とは、外国から帰国した者や外国人と接触した者であり、感染者のことではない。

新型コロナウイルスの拡散前には、中朝国境は北朝鮮の生命線として機能していた。北朝鮮の貿易額全体の9割近くを占める中国と活発な貿易活動が行われ、少なくはない人たちが往来していた。そのため、貿易関係者の中に感染者がいる可能性は高い。それでも北朝鮮は「感染者はゼロ」と言い続けてきた。

北朝鮮メディアは連日、全国の工場や企業所での新型コロナウイルス対策を紹介している。1月下旬から2月ごろまでは、手洗いやマスクの使用方法などを紹介する内容もあった。その成果があったのか。「3月に入って隔離期間の1カ月が過ぎたころから、北朝鮮はある程度、感染防止に自信を持ったのではないか」(韓国の北朝鮮研究者)との見方も出てきた。

実際に、最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は軍事施設の現地指導をマスクをつけずに行い、3月20日には日本の国会に当たる最高人民会議を4月10日に開催することを決定した。最高人民会議は定数687人で、北朝鮮のすべての国権を統括する最高主権機関であり、全国から代議員たちが平壌に集まってくる。人の移動による感染の拡散が当然心配されるが、それでも開催するということは、感染の封じ込めに対する自信がうかがえる。また3月下旬ごろ、中朝国境での人的交流の停止を続けているものの、物資の搬入を再開したという話も流れている。

次ページコロナ拡散をチャンスとみた北朝鮮
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。