英国の働くママが始めた運動が感動を呼ぶ理由

SNSであっという間に拡散、全土に広がった

ロックダウンのイギリスで、働くママのある行動が話題を呼んでいます(写真:Domani)
3月23日より全土でロックダウンが発令されたイギリス。日々の生活が突然「制限付き」になった現地の様子、人々の中に起こった変化についてロンドン在住のジャーナリスト冨久岡ナヲさんに聞きました。

Stay Home Stay Safe (家にいてください、無事でいてください)―イギリスの人々が見せる善意と団結―

買い物の行列とイギリス人の思いやり

イギリスは3月23日に緊急事態宣言を行い、ロックダウンに入りました。ロンドンなどの都市だけではなく全土が対象です。食料品を扱う店と薬局以外は閉店、カフェやレストランは持ち帰りか配達のみ営業可能です。学校や会社も閉鎖、在宅で授業や仕事が行われています。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

外出が許されるのは食料や薬の購入か、1時間以内の散歩や運動を1日1回だけ。外出中に同居する家族以外との接触は禁止、必ず2mの距離を置かなくてはなりません。店内に同時に入れる人数は店の広さによって厳しく制限され、小さな八百屋でも店頭に行列ができています。

300軒以上の店舗と60の飲食店を擁するロンドン最大のショッピングセンター。一角にあるふたつのスーパー以外はすべて休業、有名な巨大スクリーンも消灯中(写真:Domani)
次ページイギリスの人たちの善意と団結ぶり
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。