ここまでやっても感染者が激増「イギリス」の今

不要不急の外出禁止、記者のいない記者会見

閣議もリモートに移行した。左上には先般新型コロナウイルスに感染したことを明らかにしたボリス・ジョンソン首相も(官邸)

世界各国で新型コロナウィルスの感染者が拡大する中、イギリス政府は3月23日、国民に外出禁止令を出した。外出できるのは食料を買う、あるいは治療を受けるためか、どうしても自宅勤務ではできない仕事に出かけるときのみ。

外出時は人と人との間を2メートル開けるように要請され、居住を共にしない家族や友人と会うことも禁じられている。厳しい行動制限が付くイギリスで、人々はどのように暮らしているのか。

感染者は増える一方

政府情報によると、イギリスでは、3月31日時点で約14万人が新型コロナに感染したかどうかの検査を受け、陽性となった人は約2万5000人。前日29日時点で死者数は約1800人となった。

現在のところ、感染者数及び死者数は増える一方だ。医療関係者は感染者を「なるべく低く抑え、次第に終息に向かわせる」ことを狙っているが、ピークは「2週間後(4月中旬)」と予想している。

外出禁止令は若干の緩和も将来ありうるが、何らかの行動制限が付く、「他者と社会的距離を置く戦略(「ソーシャル・ディスタンシング」)は「今後6カ月は続く」と言われている(政府保健当局高官、3月29日の記者会見)。

疫学の研究で知られるインペリアル・カレッジ・ロンドンの予想によれば、もし何もしなればイギリスの感染者は50万人にも膨れ上がるが、政府は、社会的距離戦略を守ることによって、死者を2万人程度に抑えたい考えだ。

イギリスでは、新型コロナ感染防止対策として、当初は外出から帰った後の手洗いを主眼とし、これに加えて3月中旬には人ごみの中で感染が生じることを避けるため、外出自粛を要請した。

次ページスーパーに商品はあるのか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。